FC2ブログ

平成28年8月 新日本海フェリーで北海道旅行 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。



160802-87.jpg

160802-86.jpg
反航が終わった後は・・

160802-88.jpg
ビンゴ大会の時間です。




160802-89.jpg
もうすでに大勢集まっている模様。

160802-91.jpg
子どもはこれが一番楽しいようです。前の方に乗り出していました。

160802-90.jpg
果たしてどうか!

160802-92.jpg
私のカードが割りと早い段階でビンゴ!
くじでソフトクリームがいただけました。

160802-93.jpg
それでは解散、子供はまだ課題を終わらせていません。

160802-94.jpg
お勉強が終わるまでは部屋は移らないと言ったら、必死にこなしているようでした。しかし意外に昼近くまでかかってこちらが損をした気分でした。

160802-95.jpg
そしてようやくこの時間になって・・

160802-96.jpg
スウィートルームに移動してきました。

160802-97.jpg
やっぱり広い部屋が良い!と子供は喜んでいましたが、私だって高校生時代の修学旅行では阪九フェリーの2等桟敷席から始まったのだ(詳細はこちらをクリック)。子供が変な勘違いをしないように気を付けよう。

160802-98.jpg
そんなこんなで正午前に風呂に入ることにしました。
露天風呂の写真を撮りたかったからです。

160802-99.jpg
人がたくさんいました。
・・・良い湯でした。

160802-100.jpg
ようやくこの時間になりました。

160802-101.jpg
昼ご飯だ!

160802-102.jpg

160802-103.jpg

160802-104.jpg
メニューはこんな感じ。

160802-105.jpg
まずはビール。

160802-106.jpg
ハラハラ・・

160802-107.jpg
それではスタンバイオッケーw
今回の食事は以下の通りです。

160802-109.jpg
夏の船旅ランチ

~夏・海鮮と大地のデュエット~

160802-111.jpg
夏の小鉢
サーモンとアボガドの山葵和え とんぶり添え

160802-110.jpg
蒸し物
ズワイかに茶碗蒸し

160802-112.jpg
強肴
豚の角煮揚げ 北海道ソース掛け

160802-113.jpg
豚の角煮をわざわざ揚げているのですが、なかなかの美味。

160802-114.jpg
気分が良かったので、私だけワインを追加。

160802-115.jpg
食事
握り寿司五貫(白身魚・夏いか・サーモン・蛸・玉子焼き)

160802-116.jpg
吸物
海老のつみれ汁

160802-118.jpg
水菓子
黒糖くず餅 お茶


160802-119.jpg
美味しゅうございました。
御馳走様でした。

160802-120.jpg
以前のグリルランチは肉料理か魚料理での選択方式(どちらか1品なら2500円、2品の場合は3500円)でしたが、去年あたりからミニコースのようになったようです。

160802-121.jpg

160802-122.jpg
ふー、(お酒に)酔った。酔った。

160802-124.jpg
津軽海峡に入る前辺りまで来ているようでしたが・・

160802-123.jpg
ベッドに横になってぼんやりしていましたが・・

・・・





160802-125.jpg
はっ!寝てしまった!!

160802-126.jpg

160802-129.jpg
外に出てみると・・

160802-127.jpg

160802-128.jpg
ちょうど陸奥半島が見えるところまで来ていました。

160802-130.jpg
青森県側をじっと見ていましたが・・

160802-131.jpg
あれは大間航路の船?それとも道南フェリー??

160802-132.jpg
大間の街並みも見えました。

160802-133.jpg
もうすぐ太平洋側に出ます。
多少うねりがあるようでした。

160802-134.jpg
そしてようやくこの時間になりました。

160802-135.jpg
夕食だ!

160802-136.jpg
グリルからはちょうど北海道の渡島半島が見えている頃でした。

160802-137.jpg
メニューはこちら。

船旅和洋懐石

~日本海と大地の恵み~

160802-142.jpg
お造り
平目いくら添え・甘海老・北寄貝 殻盛り あしらい

160802-143.jpg
お造りが出た時点で子供がクイズラリーの結果を見てなかった!と言い出しました。
しょうがない、付き合ってやるかと思って一緒に行きましたが…

160802-145.jpg
3人取りに来ていない奴らがいるんだな・・・と漠然と思いましたが・・・

160802-144.jpg
なんと私たちが1,2,3フィニッシュを飾っていました!

160802-146.jpg
子どもはとても嬉しそう。
グリルでサービスしてくれた客室乗務員の方も「こんなことがあるんですね。」と・・・

貸し切り料金を払ってでも意地になってスウィートルームを使うから気を遣ってお土産を持たせてくれたのかと思ったら、抽選は厳格なのだそうです。
たまに「まわるのが面倒だから、答えを教えろ。」という人が居るのですが、絶対に教えないのだそうでした。

160802-147.jpg
それでは続きです。
強肴
海鮮包み焼き

こちらはうっかり中身を撮るのを忘れてしまいました。

160802-149.jpg
肉料理
牛肉と野菜のレモンジュレ添え

160802-150.jpg
夕食中に太陽も沈んで行く様子も眺めることが出来ましたよ。

160802-151.jpg
食事・香の物
白飯 いか山椒漬け


栗カニの鉄砲汁

160802-153.jpg
水菓子
メロン


160802-154.jpg
最後にお茶。
美味しゅうございました。
御馳走様でした。

160802-155.jpg
あと2時間以内に北海道着岸だから、このあたりから船内はやや慌ただしくなってきました。

160802-156.jpg
自分も少しペース配分を間違って、夕食後に入浴。
着岸までまだ時間があるのは分かっていたのに、変に時間が気になりました。

160802-157.jpg
お風呂から上がった時点で船はこのあたり。

160802-158.jpg
ちょうど新潟行き寄港便と反航しました。

160802-159.jpg
昨晩出港が15分ほど遅れましたが、結局その時間は取り戻すことなく15分遅れの着岸のようです。

160802-160.jpg
苫小牧東港が見えてきたのを確認して部屋を後にしました。

160802-161.jpg

160802-162.jpg

160802-163.jpg
3F車両デッキへ。

160802-164.jpg
下船時にバックで切り返して出ていく乗用車があるなど、この時期の新日本海フェリーは儲かっていますなぁ。
暫く待ってから下船。

160802-165.jpg
本州に住む私には本当になれない漆黒の闇の中を走って・・

160802-166.jpg
本日の宿泊地、勇払町の民宿北上荘に到着しました。




この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。早めにビンゴになってもくじで景品が決定する仕組みは最後まで気が許せない分楽しいですね。
クイズラリーは船内のあちこちを歩くので軽い運動になりそうで。。。たまに乗船客同士で答えを確認し合う光景もあったような気が。。。

No title

2室利用とは…。洋室には「エキストラベッド」が有りませんからね。そして、和室の高グレードが無い。
「吸い物」の画像がダブっております、説明間違いの方を消去するのがよろしいかと。
苫小牧東ターミナルを出て左折ですか、なんとリスキーな(笑)。信号手前で列から外れるが如くに左折や右折する車(地元民?)が居るとビックリしますね。踏み切り手前で左折する事になるのですが、その時点で渋滞してませんでしたか? 乗用車の台数がそんなに多くないようだから、そうでもなかったでしょうか?

No title

uboatさん、こんばんは。

私も9月に新日本海フェリーに乗り、クイズ大会に参加しました。参加者7名で全員正解、厳正な抽選の結果当選者のなかに入りました。(解答用紙の下あったコメントをどうぞという欄に、新造船「らべんだあ」進水おめでとうございますという贔屓めいたことを書いたのは関係ないのですね)

津軽海峡で見られたフェリーはおそらく青函フェリーかと思います。船名まではわかりませんが・・・。

Re: タイトルなし

あきらさん、こんにちは。

ビンゴ大会は異様に殺気立つので好きですよ。
最初にビンゴになったのが、小さい子でギフト券を選ばずにアイスクリーム券を選んでしまったりするのも笑えます。
クイズラリーは割と難易度が高めに設定されていますね。
航海中に飽きが来ないようにいろいろ催し物をしてくれるのが好感が持てると思っています。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

漆黒の闇の中のそこに道があるかどうかも分からないところで、ナビの指示通りに曲がるのは怖いですね。
北海道の民宿はエアコンが無い所も多くて、そういう所に泊まると8月に限ってだと地味に暑かったりします。
「吸い物」の写真は削除しました。ご指摘ありがとうございます。

Re: No title

いっちーさん、こんにちは。

クイズラリーは地味に難易度が高めだから、諦めて参加しない人もいるのではないかと・・
解答用紙のコメントの件ですが、主催してくれる相手に良い気持ちにさせてくれることを書いたりするのは、結果に結びつかなくても決して悪い事では無いですよ。いつか実を結ぶ時があるはずです。

No title

道北はもっと闇ですよ。疲れている時なら平衡感覚がおかしくなります。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

古い車に乗っているものだから、漆黒の闇の中を走っていると、こんな所で車が立ち往生したら大変だと変な緊張感に包まれます。

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR