FC2ブログ

平成28年8月 新日本海フェリーで北海道旅行 Vol.2

この記事はこちらからの続きです。



160802-1.jpg
翌朝です。こんな時間に目が覚めました。

160802-2.jpg
テラスに出てみました。






160802-3.jpg
ベタ凪のようですね。

160802-4.jpg
船内撮影もしておこう。

160802-5.jpg

160802-6.jpg
何回も撮影はしているはずですが、やっぱり華やかな船内をうろつくのは楽しいもの。

160802-7.jpg
因みにカフェテリアコーナーですが・・

160802-8.jpg
メニューには大きな変更はないものの・・

160802-9.jpg
こんな新メニューが追加されていました。

160802-10.jpg
昼過ぎ頃に注文してみよう。

160802-13.jpg

160802-12.jpg

160802-11.jpg
その他レストランの掲示板をチェック。これはオレンジフェリーでこんなメニューがあったな。

160802-14.jpg
これはこれで興味はあるけど、嫁さんがマトンがダメなのです。

160802-15.jpg
後部デッキに出てみました。

160802-16.jpg
やや曇りがちですが、いかにも夏の日本海と言った風情です。

160802-17.jpg
この日は太平洋側はそれなりに波が高かったんです。夏季シーズンは新日本海フェリーに分があると思っています。

160802-18.jpg

160802-19.jpg
カフェテリアコーナーのテーブルはこんな感じになっていました。
春に利用した時(詳細はこちらをクリック)はこんなものは無かったです。

160802-20.jpg

160802-21.jpg
昨日の日付の新聞があったので、主要な部分だけ読んでみたりしました。

160802-22.jpg
映画は相変わらずマイナーなものばかりだな。

160802-23.jpg
現在地はこのあたり。

160802-24.jpg
こんな時間になったので、部屋に戻ってみんなで食事に行くことにしました。

160802-25.jpg

160802-26.jpg

160802-27.jpg

160802-28.jpg

160802-29.jpg
この日の航海ではスウィートルーム、ジュニアスウィート利用者は私たちだけだったようです。

160802-30.jpg
北行きの朝食は和食だったはず。


160802-32.jpg
やってきた食事はこちら。

160802-33.jpg
明太子、イクラ付きの北寄貝サラダ、松前漬け。

160802-34.jpg
大きなサケの切り身と出汁巻き卵。

160802-35.jpg
がめ煮。どれもレストランのアラカルトメニューがシフトしたものだと思います。
普通に注文したらご飯とみそ汁を合わせて総額2000円を軽く超えてしまうと思います。

160802-36.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

160802-37.jpg
それでは次はみんなで船内探索。

160802-38.jpg
インフォメーションの壁側に造花の入った花瓶と新幹線はやて。
この時は何となく写真を撮っただけだったんですが、後で面白いことになります。

160802-39.jpg
お決まりのこの写真。

160802-40.jpg
他に何をしようかな。

160802-43.jpg
船内の掲示物の写真を撮ったりしていましたが・・

160802-44.jpg
船内クイズラリーの催し物があることに気付きました。
せっかくだから、応募してみよう。

160802-41.jpg
ちゃんと子供と3人で船内をうろうろ。

160802-42.jpg
意外に難し気な問題が多いですね。
じっくり船内を探せば答えは見つかりますけど・・・

160802-45.jpg
それでは部屋に戻ってちょっとくつろぐことにしました。

160802-46.jpg

160802-47.jpg

160802-48.jpg
好天に恵まれましたね。
夏の日本海でも低気圧の中心が日本海側に来ると時化ます。こればかりは運です。

160802-50.jpg
子どもにお勉強めいたものをさせることにしました。
大きい部屋に行きたいと言っていましたが、勉強が終わるまではダメだ!と言っておきましたが・・

160802-49.jpg
そういう私は荒らされる前に部屋の中を撮っておきたい気になりました。

160802-51.jpg
・・・と言うことで、スウィートルームの前に来ました。

実は今回の旅行では予約の段階で大人2人スウィートルーム、子ども1人ツーリストAの切符の販売は出来ないと言われました。
定員が2人に設定されているスウィートルームを3人で使うことが明らかだからです。

デラックスAで3人で使える部屋(和室の事だと思う)があるからそちらはどうか?と言われましたが、デラックスAとスウィートルームは値段差以上の差が有るんだなぁ。
ちょっと考えましたが、スウィートルーム大人2人、ジュニアスウィート子供1人貸し切りで切符を買いました。

予約受付の段階で電話に出たおねえさんは「本当にそんなに大枚払うの?」と言う感じでした。

ついでにこんなやり取りがありました。

私「貸し切り料金が発生するのはしょうがないですね。スウィートと、ジュニアスウィートを使います。ところで、せこい相談をさせてもらって良いですか?」

おねえさん「な、な、な・・・なんですか?」(本当にこんな言い方をしました。)

私「スウィートルームを子供一人で貸切、大人二人がジュニアスウィートを使うとすると、多少安くなるのですが、受け付けてくれますか?」

おねえさん「なるほどですね・・・(暫くコンピューターの端末を触っている音がして)  ・・・お客さんすみません、スウィートルームを子供一人で貸し切りにする設定が無いようです。」


まぁ、しょうがねぇなぁ。今年はすごく高くついたけど、どっちみち後3年程度で子供は大人料金を払うようになるのだ。
心してスウィートルームの撮影をしよう。(去年もしたけど)

160802-52.jpg
ドアを開けるとこんな感じ。

160802-53.jpg
ベッドのスペース。

160802-54.jpg
リビングのスペース。

160802-55.jpg
ベッド側から1枚。

160802-57.jpg
ソファーのあるところから。

160802-58.jpg
これは新日本海フェリーのホームページにもあるアングル。

160802-59.jpg
トイレとお風呂のスペース。

160802-61.jpg
運悪く時化の日に乗ってしまうとこんな豪華な部屋に泊まれても、ここでリバース大会をする羽目になるんだな。

160802-60.jpg
お風呂はやっぱり良いね。

160802-63.jpg
せっかくだから、カーテンを開けてみました。

160802-62.jpg
自然光のもとではこんな感じになるんだな。

160802-64.jpg

160802-65.jpg
少し印象が違いますね。

160802-66.jpg

160802-67.jpg
こちらのテラスから外を見たらこんな感じ。
新日本海フェリーで予約をする時は本州が見える側を「景色の良い側」と案内してくれますが、直行便は本当に一直線で目的地に向かいますから、陸地はほとんど見えません。


160802-68.jpg
それではこんな時間になりました。

160802-69.jpg
姉妹船「すずらん」との反航です。
やった!一番優越感を感じる瞬間だ。この時のために普段コツコツと働いているのだ。
少しのお金を浮かすためにコンビニで買い物をすることはまずないし、ペットボトルのお茶さえ買わずに我慢しているのだ。

きっと右舷側のデッキに鈴なりに群がってみているお前ら、羨ましいだろ!と思って振り返ると・・

160802-70.jpg
あれ!?誰もいないのね。

160802-71.jpg
おれ、無駄なお金を使ってんのかなぁ。
若干風にあおられて手がぶれるのですが、遥か彼方に「すずらん」を確認できました。

160802-72.jpg

160802-73.jpg
私のコンデジもピントを合わせ難くて困っている様子でした。

160802-74.jpg

160802-75.jpg

160802-76.jpg

160802-77.jpg

160802-78.jpg

160802-79.jpg

160802-80.jpg

160802-81.jpg

160802-82.jpg

160802-83.jpg

160802-84.jpg

160802-85.jpg

160802-86.jpg
こんな感じでした。


この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんは。ネスカフェのカプチーノはオリジナルのデザインがあるんですね。新日本海フェリーのカモメマークがかわいい感じで。。。テーブルをネスレにして広告料収入で経営努力するのはいいことかと思いました。

Re: タイトルなし

あきらさん、こんにちは。

返事が遅れてすみません。最近はLCCの台頭もあるし、長距離フェリーも最も安く移動できる交通手段と言う訳でも無い立場になってきているので、頑張ってほしいところです。
つまるところ、やっぱり乗用車込の移動の時に一番有用性をアピールできている気がします。

No title

今度は舳先が海面にどっと垂直に落ちてる船体が見れるのですね。
楽しみです。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

新型「らべんだあ」の垂直ステムの事ですね。
古い船型と思っていたので、意外ですね。粘性のある液体の中を動く時に抵抗を減らす新技術のようなものが開発されたんでしょうか?

No title

垂直ステムとの違いが
ありましたよ。
バルバスバウが先端から現れています。総長さはそのままで荷室等の空間を広げる
手段かなあとも思いましたがいかがでしょう?
実に三菱重の最新の客船で用いられ始めているようにも思いました。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

垂直ステムの見慣れないものだから、いろいろな意見が出るでしょうね。
何はともあれ、新船就航はおめでたいです。
一時期新日本海フェリーの現役の船がたくさんfor saleで中古船市場に出た時があったものだから、少々心配しました。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR