FC2ブログ

平成28年5月 阪九フェリーと名門大洋フェリーで福岡出張 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。

160509-61.jpg
若松を出発して若戸大橋を渡ったら・・

160509-63.jpg
そのまま北九州都市高速道路を使って、あっという間に名門大洋フェリーのターミナルに到着しました。



160510-1.jpg
ターミナルは新船就航に伴って新しく立て替えられていました。

160510-2.jpg
中に入るとこんな感じ。以前と比較して一回り大きくなった印象です。

160510-11.jpg
私はインターネット決済をしていたので、切符の発券は無し。印刷した紙を見せれば良いそうです。

160510-4.jpg
これと・・

160510-3.jpg
これが1階に展示してありました。

160510-5.jpg
夕食ビュッフェのポスターがありましたが、今回は利用しません。先ほど購入したお弁当を食べることになります。

160510-6.jpg
2階に行ってみました。

160510-7.jpg
今回利用するのはフェリーきたきゅうしゅう2。

160510-8.jpg
あちらにもタラップがあります。
以前は第1便がこちらに停泊しているときは第2便が向こうに停泊していました。
そういう方式に戻ったのでしょうか?以前の旅行記を振り返ってみてみると(詳細はこちらをクリック)以前は1便、2便とも港に停泊していました。

160510-9.jpg
ちなみにこちらの待合室には一応レストランがあるようでした。
利用したことは無いけど、ちょっと気になりますね。

160510-12.jpg
船首側からもう少し撮影したかったのですが、もう一般乗用車組の乗りこみが始まっていました。慌てて車に戻りました。

160510-13.jpg
・・・と言ってもちょっと移動したところでしばらく待機。
車を動かして20分近くたって・・

160510-14.jpg
船内に移動だ!

160510-16.jpg
やったー!

160510-15.jpg
阪九フェリーの豪華な「ひびき・いずみ」組と比較してどんなものだか大変気になります。

160510-17.jpg
こちらも公室エリアと同じフロアに一般乗用車専用の駐車スペースがあります。
そちらへ誘導。

160510-18.jpg
こんな感じで駐車しました。

160509-64.jpg
一般車両の駐車スペースから中へ入ると・・

160510-19.jpg
こんな感じで入っていきます。

160510-20.jpg
もう少し奥に行くと・・

160510-21.jpg
こんなんなって・・

160510-22.jpg
こんなスペースがあるわけですね。

160510-39.jpg
取りあえずこの写真を撮っておかないと全体的にしまらない印象だな。

160510-31.jpg
それではインフォメーションで鍵を貰ったら部屋に向かいましょう。
意外にカードキーではないんだな。今回の部屋はシングルルームです。

160510-23.jpg
7Fだから1階上に上がります。

160510-24.jpg

160510-25.jpg
私の部屋は船首側の方にあります。この長い廊下を突きあたりそうになるギリギリまで歩くと・・

160510-26.jpg
こんな一人部屋のスペースがあります。

160510-27.jpg
中を開けてみるとこんな感じ。

160510-28.jpg
洗面所があり・・

160510-29.jpg
テレビもあり・・

160510-30.jpg
こんなエアコンがありました。
家庭用みたいなエアコンを備えているのはコストカットの為でしょうか?個人的にはそんな印象を持っています。

160510-55.jpg
ちょっと残念なことを一つ。
せっかく室内にポットがあったのですが、洗面台の水道から直接水を入れることが出来ないようです。
備え付けのコップで水を足しました。

160510-32.jpg
部屋に荷物を置いたらこんな時間。

160510-33.jpg
せっかくの(お客さんが決して多くないと思われる)月曜日です。
船内撮影をしておこうと思います。

160510-34.jpg
こちらは一般徒歩客用のゲート。

160510-35.jpg
お風呂。

160510-36.jpg
売店をチェック。

160510-37.jpg
この手のお菓子はちびっ子が喜びそう。

160510-38.jpg
この手のおもちゃをわざわざ船内で買う人が居るのかな??

160510-40.jpg
こんなテレビを見るスペースがあったり・・

160510-41.jpg
後はこんな雰囲気の有るスペースがあったり・・
でも、よくよく考えると持ち込みのお弁当を食べるのに便利なテーブルの有るスペースは意外に少ないのに気付きました。

160510-42.jpg
その辺はその会社のコンセプトに寄るんだろうなぁ。

160510-43.jpg
ターミナルを見てみました。後から来たと思しき一般車両があるけど、送迎バスも見えるな。

160510-44.jpg
まだまだ荷役中。

160510-45.jpg
それではいったん部屋に戻ろう。

160510-46.jpg

160510-35.jpg
先ほどチラッと見たお風呂に入りました。
湯船も全体の面積も阪九フェリーよりも少し小さい印象でしたが、気持ち良く汗を流すことが出来ました。

160510-47.jpg
お風呂から上がったらこんな時間。

160510-48.jpg
再度後部デッキに出てみたら、1段上の車両甲板の空きスペースにもトラックのシャシーが積まれていました。

160510-50.jpg
ウィィィィン・・・
あれで積むのか、名門大洋フェリーでは初の1万トン越えのフェリーですが、それでも隅々まで使ってトラックを積むんですね。

160510-51.jpg
定刻午後8時よりやや時間が経って出港したようです。

160510-52.jpg

160510-53.jpg

160510-54.jpg
ここまで見届けて船内に戻りました。

160510-56.jpg
それでは食事にしよう。
公室エリアでテーブルに物を置ける椅子があるところは僅かです。
自衛隊員の方が多数乗船していたため、ちょっと心配しましたが、無事席を確保することが出来ました。

160510-57.jpg
今回の私の夕食(のお弁当)はこちら。

160510-58.jpg
チキン南蛮定食をテイクアウトしました。

160510-59.jpg
卵焼き。

160510-60.jpg
煮豆。

160510-61.jpg
鴨肉。
これは「さんぞくや」の店内で食べるときは茶わん蒸しだったのですが、テイクアウトだったのでこちらに変更になったもの。

160510-62.jpg
さらに最後に寄ったスーパーでこんなものを買いました。

160510-63.jpg
鯛皮の湯引きです。
ビールの良い友になりました。

160510-64.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

160510-65.jpg
食後船内をもう少し見てみました。
先代の「フェリーおおさか・きたきゅうしゅう」と比較したら、格段に公室エリアの椅子が増えましたね。

160510-66.jpg
自分の部屋に戻りました。
お弁当についていたおまけのお吸い物を飲みました。
今飲まないと多分そのままゴミになってしまうと思ったからです。

160510-67.jpg
そしてデザートは「あまおう」と言うブランドのイチゴです。

160510-68.jpg
船の位置がここまで来たのを確認して・・

160510-69.jpg
他にすることも無かったので、この時間には寝てしまいました。




この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんは。名門大洋フェリーさんはシンプルな内装ですね。派手さはなく必要十分で良い感じです。

Re: タイトルなし

あきらさん、こんにちは。

名門大洋フェリーと阪九フェリーを比較すると、後者の方が船旅を演出している印象が個人的にはあります。
備品の違いがあるのですが、料金もわずかに後者の方が高いですね。

しかし実は1人個室で比較した場合、名門大洋フェリーの方が阪九フェリーの物より一回り小さくて、料金は乗用車込だと阪九フェリーの方が安くなるのですよ。マリンメイトクラブ会員割引で乗用車込の場合だと等級差額が半額になるのが大きいです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR