FC2ブログ

倭イズムの靴

フェリーを使った旅行をよくするわけですが、浜松市から大阪南港まで車で移動するときは良く名阪国道(国道25号線)を利用しています。
奈良県に入ったところでオリエンタルシューズと言う看板を見かけます。
オリエンタルシューズなんか聞いたこと無いなぁと思ったのですが、思わずネットで調べてみました。
どうやらこの会社、自社名の靴は売っていないようです。ダンロップとかアルファキュービックとかそういうところからの受注を受けて靴の生産をしているようでした。
最近は靴の生産も中国やベトナムなどでなされている物が多いから、国内に自社工場を持って靴を生産している出ならたいしたものだな・・・と思って良く見てみたら有りました(意外)!

「倭イズム」という名前でこのシリーズだけは国産にこだわった靴を作っているようです。
(熟考する事1週間、もう一生困らないだけの靴はあるのに)思わず衝動買いしました。


110515-4.jpg

続きを読む

スポンサーサイト



平成20年 メルセデス・ベンツ W116 280SE 車検

121006-1.jpg

前回のエンジンからの盛大な音の原因はエアポンプからでした。
20年以上動き続けたエアポンプのベアリングが固着して、飛んでしまったのだと思います。

したがってその後はエアポンプにかかるファンベルトを外して乗っていました。
そうこうしているうちに車検がやって来ました。
エンジンヘッドもリビルト品に交換したし、プラグコード、プラグキャップなどなどいろいろな部品を交換したので車検もそんなに心配はないだろうとおもっていましたが、よくよく考えるとエアポンプが潰れているのが大きな懸念材料としてのしかかってきました。

私のベンツは昭和53年度排ガス規制が開始されて以降装着された排ガス浄化装置(触媒)が付いていました。
エンジンのエキゾースト直下に1次触媒、そして大きな2次触媒があるプリミティブなものです。1次触媒を通ってきた排ガスにエアポンプでフレッシュエアを混ぜてやり、2次触媒で積極的に還元させるものです。
同じ世代のポルシェ911SCあたりにも同じような方式の触媒が付いています。

エアポンプがない状態で本当に車検に合格するか悩ましかったのですが、北九州に住んでいた頃にお世話になった工場のメカニックの方の言葉を思い出しました。
曰く、「この頃の車のエアポンプはおまけ程度の効果しかない」というもの。
個人輸入すればそれほど高くもなかったのですが、車検の期日が迫ってくるまで気が付かなかったものだから、思い切ってエアポンプを外した状態で陸運局に持ち込みました。

結果は・・・合格。
このときの車検費用は総額で8万円程度しかかからず、余計なお金は一切必要ありませんでした。
考えてみたら下回りのチェックをしていて、最近(平成年代製造)の車ばかり見ている検査員が「この(昭和の)車にエアポンプがないのはおかしい。」と指摘するほど記憶力の良い人がいるはずもないのです。
排ガス検査でも異常値は出てきませんでした。

121006-2.jpg
この写真は車の正面から下にもぐって撮ったものです。
矢印はエアポンプが付いていたステーとパイプです。
そのまま残しておいたのは、万一車検で不合格をもらったときに直ぐに部品を取り寄せて装着できるようにと思ったためですが、全くお咎め無しでした。

平成24年9月 おれんじ7乗船記 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。

120916-88.jpg
1時間程度だけ仮眠を取って再び起床です。

120916-89.jpg
再び5F展望エリアへ。
前回の旅行のとき瀬戸大橋をくぐるのを見そびれたのです。今回は絶対に外してはならない。

120916-90.jpg
まだビールの酔いも醒め切れず、目が多少血走っているのにご苦労なこったという感じで嫁さんが見ておりました。

続きを読む

平成24年9月 おれんじ7乗船記 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。

120916-40.jpg
写真は船ヲタの人が見たら直ぐにわかりそうなものですが、おれんじ7の車両甲板から上がるエスカレーターです。

120916-75.jpg

120916-41.jpg
インフォメーションで鍵を頂きます。
この写真は後から撮ったものだから誰もいませんが、乗船開始時は必ず客室乗務員の方がいます。

120916-68.jpg
今回は3Fの左舷側の部屋になりました。
4Fを希望したのですが、東予港の受付の方が3Fで発券してしまいました。
初めて見る人だから多分慣れていなかったのでしょう。

120916-42.jpg
多少待ち長いけど、子供に鍵を開けさせます。

続きを読む

平成24年9月 おれんじ7乗船記 Vol.2

この記事はこちらからの続きです。

120916-2.jpg
翌朝です。
霊峰石鎚山を見ているの図です。どこから見ているかと言うと・・・




続きを読む

平成24年9月 おれんじ7乗船記 Vol.1

120916-35.jpg

120916-36.jpg
平成24年9月中旬におれんじ7の昼便に乗船して来ました。
・・・と言えばすべて事がうまく行ったかのように聞こえますが、本当は平成23年のこの記事(詳細はこちらをクリック)に引き続いての24年度版を作りたかったのですが・・・
大阪南港発の昼便に間に合わなかったのよ・・・・(涙)

事の顛末は以下の通り、したがってこの記事はおれんじ7乗船までのプロローグと思って読んでください。

続きを読む

スバル360 エンジン搭載の巻き 4

この記事はこちらからの続きです。

120212-16.jpg
前回はボディーパーツの中途半端な仮組みまでして終わりました。


続きを読む

身元不明のお弁当 vol.2

前回の弁当はこちら。

110907-1.jpg

110907-2.jpg
時々製造元が分からないお弁当を頂くときがあります。

110907-3.jpg

110907-4.jpg
多少隙間が目立つような・・・でも、せっかく頂くのに不満を言う立場ではありませんね。
きっと本来仕出し弁当を作っていないところの店のものかもしれません。

平成24年7月ホンダビートユーザー車検

120712-2.jpg
とりあえず6月、7月の週末にビートの軽整備をしたのち、ユーザー車検を受けに行きました。

120712-1.jpg
場所はこちらです。
浜松市の軽自動車検査協会です。

続きを読む

平成24年8月 新日本海フェリーで行く北海道旅行 Vol.8

この記事はこちらからの続きです。

120826-50.jpg
朝食を食べて、船内をうろうろしているうちにこの時間になりました。
すずらんと反航する時間です。

・・・実は乗船時に気付いたのですが、スウィートルームが左舷側でした。
余程右舷側に変えてくれと言おうかと思ったのですが、新日本海フェリーは予約の入っているスウィートルームは室内の照明をすべて付けておいてくれるのですね。
そんな演出をしてくれているのにこちらの勝手な言い分で変更をかけることは出来ませんでした。



続きを読む

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR