FC2ブログ

セイコー シルバーウェーブ 5931 の分解修理

110518-6.jpg

110518-7.jpg
セイコーシルバーウェーブです。
80年代の中級品です。ねじ込み式リューズを全モデルに採用しスポーツユースをアピールしたモデルでした。
インターネットオークションでジャンク品3品セットで落札した時計です。
実は商品説明ではこの時計だけ動いていますという説明でしたが、商品到着時動かなくなっていました。
よーく見るとピクン、ピクンと動こうとしているのが分かったからオーバーホールをしなければいけない時期になっていたわけです。
「動いてないぞ!ゴラァ!!」をしてもしょうがないです。なんたって30年近く前のモデルですから。

続きを読む

スポンサーサイト



嫁さんが桜餅を作ってくれました。

110427-1.jpg
今回は桜餅を作ってくれました。

お菓子屋を始めるとしたら和菓子と洋菓子では前者の方が経営も軌道に乗りやすいとか。その理由は調理器具などをはじめとする初期投資の規模が洋菓子の方が圧倒的に大きいというのが理由なのだそうです。

110427-2.jpg

110427-3.jpg
ちょっと硬いかもしれないとか言っていたけど良い感じでした。
しかし3人家族で食べるには数が多すぎるような気もします。
嫁さんは最近体が膨張し気味なのを気にしているけど、そりゃしょうがないぞ。

燃料コックの修理 富士重工ラビットS202

110910-3.jpg
先日職場から帰っている途中ガス欠症状が出ました。
燃料コックを予備のほうにひねりましたが、それでも燃料が来ていません。
「燃料コックが詰まったかなぁ?」と思いましたので、週末メンテナンスすることにしました。


続きを読む

四国でケーキと言えば・・・

110603-1.jpg
先日美味しいケーキを頂きました。
私の住んでいる社宅には関西から来た人が多くのですが、彼ら(のマダムら)は「浜松に美味しいケーキがもっとたくさんあるといいのに・・」と言います。
私たち夫婦は根が田舎者なので充分に美味しいケーキ屋がたくさんあると思うのですが・・・

そんな事はさておいて、浜松で仕事をする前は愛媛県に2年間いた私ですが、彼の地では面白い方言?があることに気付きました。
ご年配の方だとアイスクリームのことをケーキと言う人が多かったのです。
その理由は昔生活が楽でなかった頃、子供たちにご馳走を振舞うときにアイスクリームのことをケーキだと言って食べさせてあげたとのこと。
最初に聞いたのは徳島の山間の町にいる方からでした。
以降徳島県の方言だと思っていましたが、愛媛県で生まれ育ったご年配の方も「私もアイスクリームをケーキと言っていた。」と言っていました。更に後者の方は「ゼリーもケーキと言っていた。」と・・・

浜松に来て偶然知り合った愛媛県出身のご年配の方とこのケーキのお話していたとき、傍にいた職場の若い女性随分受けていました。
その女性がご年配の方に「だったら本物のケーキは何て言っていたんですか?」と尋ねたところ、「ケーキはケーキや。子供たちはケーキを見たこと無いからアイスクリームをケーキと言って大丈夫やったんや。」と・・・
私より一回り以上若いその女性はバカ受けでしたが、私はというと私の両親と同じ世代くらいになると日本は貧しかったんだと感じさせられて、あんまり笑えなかったなぁ。

件の浜松のご年配の女性は元々からだの弱い方で今は鬼籍に入られました。ケーキの話を「旅の備忘録」のカテゴリーに書いたのはそんなこんなの思い出があるからです。

BMW318i エンジンオイル・エレメント交換とスロットルケーブル養生

110911-2.jpg
この車は普段は嫁さんが乗っているのですが、「最近アクセルが引っかかるような気がする」と言う訴えがありました。よし、古くなったことだし、そろそろ買い換えるか!ではなくて、何とか修理しろと・・・

エンジンオイルとエレメントもそろそろ交換の時期が来ているから一緒にやってしまうことにしました。

続きを読む

静岡鉄道

静岡市に仕事で行くときは所定の地まで静鉄電車を利用します。
すべての編成が2両編成の何の変哲も無い都市間移動用の鉄道といった感じです。
旧静岡市と旧清水市の間をこまめに停まりますが、渋滞の多い一号線をバスで移動することを考えたら俄然便利が良いです。

静鉄1
時にこの路線はかつてはお茶の輸送用として建設されました。
そして清水と静岡の終点にはそれぞれに路面電車が接続していたそうです。

さらに、地元の人もあまり知らないようですが、静岡側から更に延長して藤枝まで接続させる計画もあったそうな。
鉄ヲタならピンと来ると思いますが、静岡鉄道駿遠線と接続させる計画があったんですね。
そのルートもいろいろと計画されていて、かつての東海道の街道筋を通す案、戦前の弾丸列車計画のために旧国鉄が買収したルートを改めて静岡鉄道が買い取るなどなど。

前者は途中の山(宇津谷峠)を越えるための勾配が急なためボツ(だったと思う)、後者は結局東海道新幹線建設計画が持ち上がり、用地がそれに転用されたためにボツになったそうな。


静鉄2
と、建設的な意見もありますが、実際のところは静岡鉄道駿遠線が軽便鉄道だったため、電化改軌などに莫大なお金がかかること、大井川を渡る鉄橋の架け替え問題などいろいろな要因があって地方鉄道一社単独の経済力ではとても実現は無理だったというのが本当のようです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR