FC2ブログ

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol9

この記事はこちらからの続きです

110731-1.jpg
朝です。昨日は午前0時前に寝たから大丈夫かな?と思って午前6時過ぎにアラームをセットしてみました。
取り合えずまどろみながら起き上がって、カーテンを開けて撮った写真がこれ。ピントが海に合っていないのは窓ガラスにたくさん塩が付いていたためだと思います・・・
結局のところシャキッと起き出すことが出来ず、7時過ぎまでソファーのところで寝転がってうだうだしていました。

しかしながら、昨日のターミナルのことを思い出してみると、結構な人数のお客さんがいたはず・・・
パブリックスペースの写真を撮るなら早い方が良いぞと食事前に内装の写真を取り集めることにしました。

110731-11.jpg
まず最初にこの写真を撮るのはお約束。文字がやたらと特徴がある気がするのですが・・・ちなみにすいせんはこんな感じです。

110731-10.jpg
こちらはフォワードサロン。  すいせんの画像はこちら

清掃の係りの女性が居られて、せっせとガラスの曇りを拭き取っていました。
伺ってみたら何往復も乗船しっぱなしで、休みを取る時は1週間丸ごと休みとだとか。
新日本海フェリーの清掃は着岸時に集中的にするという気持ちでいたのですが、旅客が増えるときに乗っているのでしょうか?そこまでしつこくは聞きませんでした。
「使われる方が気持ちよく使えるようにしないと・・・」という言葉が非常に印象に残りました。

110731-9.jpg
こちらはインフォメーション前の写真です。アップにしているのは既に椅子の8割がたが埋まるくらいに人がいたからです。 すいせんの画像はこちら

110731-2.jpg
これはレストランのある右舷側のプロムナードのもの。
絨毯も、プロムナードの椅子も、レストランの内装も照明もすべてすいせんとは異なっています。
                               すいせんの画像はこちら

110731-3.jpg

110731-4.jpg

110731-5.jpg

110731-6.jpg
カフェテリアエリアも緑色を用いた明るい印象の内装です。 すいせんの画像はこちらをクリック

110731-7.jpg

110731-8.jpg
この日も全く揺れない航海になりました。

110731-13.jpg
そんなこんなで午前8時半。レストラン営業とは30分ずらして朝食の時間になりました。

続きを読む

スポンサーサイト



平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol8

この記事はこちらからの続きです

オーセントホテル宿泊の翌朝です。
しぶとくいつものように午前5時過ぎに起きてジョギングをします。

110730-3.jpg
街中を通っていた手宮線跡を見たりしながら・・・

110730-2.jpg
おっと、こいつを忘れてはいけなかった。
小樽港に着岸したゆうかりの写真も取ります。これも利用したいけど、朝4時半に小樽港着というのがつらいんだよなぁ。

そんなこんなで小樽市内を約40分軽く走り、スウィートルームのバスタブで汗を流して食事を取ることにしました。いかにも慣れている感じのようですが、実際は元を取りたくて必死だったです。

続きを読む

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol7

この記事はこちらからの続きです

110729-1.jpg
これはオンネトー温泉景福の朝食です。
ジョギングを済ませて、温泉に入ってこんな食事を食べました。
少なめに見えるのですが、白ご飯がとても美味しくて充分に感じました。

110729-2.jpg
午前9時過ぎには出発です。

110729-4.jpg
とりあえず足寄までの国道を走っていくと・・・

110729-5.jpg
足寄へ向かう国道にある交通安全啓蒙のための人形があります。
古タイヤで作っていて高さが4メートルくらいあります。5年位前から毎年見ているな。来年もよろしく。

110729-6.jpg
道の駅である足寄駅で一旦休憩です。
足寄駅は2006年まで北海道ちほく鉄道という第3セクター鉄道がありました。廃止された後もあえて足寄駅と駅であることをアピールしています。

110729-7.jpg
これは建物の中にある実物大の写真です。

110729-8.jpg
ここで食べた朝採りのとうもろこしはすごく甘くて美味しかった!

110729-9.jpg
道東道をひた走り・・・

110729-3.jpg
北海道最後の宿泊地に到着です。

続きを読む

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol6

この記事はこちらからの続きです

110728-1.jpg
これが平成23年の鶴居村での最後の朝食。 ・・・完食しました。
毎日朝夕とジョギングしたおかげで幸い胃がもたれることもありませんでしたが、記事を作っている現在見ても普段の夕食並みの量を食べていたのだと感心します。
ご飯を食べたら4日分の宿泊代を払って、次の目的地へ出発です。

110728-9.jpg
・・・とその前に、昨日振られた川湯温泉の公衆浴場に入ることにしました。

110728-10.jpg
ここは強酸性の硫黄の臭いがむんむんとする温泉。お湯も熱めです。
左側が温泉、右側が上がり湯です。

続きを読む

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol5

この記事はこちらからの続きです。

110727-1.jpg

110727-2.jpg
このホテルでの3回目の朝食です。1回目はさんま、2回目はほっけ、3回目は鮭とちゃんと同じおかずは出さないようにしてくれています。
ちなみに牛乳は飲み放題です。

110727-7.jpg
この日は近隣の温泉の立ち寄り湯をしようという事で、まず川湯温泉に向かいました。

続きを読む

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol4

この記事はこちらからの続きです。

110724-26.jpg

110724-27.jpg
翌朝です。ちゃんと午前5時過ぎに起き出してジョギングをして、きちんとお風呂に入って朝食をとりました。そんな生活が4日間続きました。
充分暇があるけど、今日は何をしようか?見たいな感じです。とりあえず釧路動物園に行きました。

110725-1.jpg
原野の中に観覧車が見えると言うのもはなはだ不思議な感じですが・・こんな感じの所にあります。


続きを読む

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol3

この記事はこちらからの続きです。

110724-1.jpg
苫小牧プリンスホテルのフロントです。
現在では低価格を売りにしたビジネスホテルスタイルで営業をしていますが、それでもかつては結婚式なども行っていたようです。その証拠に(証拠になるのだか?)フロントのあたりは立派です。
いつものように朝5時過ぎに起き出してジョギングをした後、朝食をとりました。

110724-2.jpg
苫小牧にフェリーで上陸したときは必ずこのホテルに宿泊します。その理由はこれ、ビュッフェ形式の朝食がとても種類が豊富で美味しいからです。

110724-3.jpg
右下の皿には肉じゃがに春雨風のものとキンピラゴボウが載っています。
野菜も何種類かあり、ハムも比較的まともです。
前回の利用時のときと同様に山芋のキムチ風のものなどもありました。

110724-4.jpg
今回の特筆すべきものはこれ。イカそうめんです。取り放題でしたが、実際みんなたくさん食べていました。

110724-5.jpg
ホッキ貝カレーも今回はちゃんとホッキ貝が入っている。業務用カレーの味だけど、ホッキが入っているからうまい!

110724-6.jpg
普通に業務用のヨーグルトの味がするけど、北海道で食べているからうまい!
朝食会場を出るときに新たにフキの煮物も補充されているのに気付きました。食べれなかったのは残念・・

110724-7.jpg
部屋に戻ってコーヒーを飲みます。コーヒーも部屋に持ち帰る用のコップを用意してくれていて、気兼ねなく持ち出すことが出来ます。ついでに言いますと、添い寝の子供がいる私たちの泊まった部屋はその他のツインルームよりも微妙に広かったようです。施設は年季が入っているのですが、このホテルのそういう心遣いがたまらなく好きなのです(たまたまだったりして)。

110724-8.jpg
それでは本日の旅行の目的地、道東に向かって出発です。写真は道央道です。

続きを読む

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol2

この記事はこちらからの続きです。詳細はここをクリック。

110723-1.jpg
朝だ!とりあえず午前5時過ぎに起床。しかし、昨夜は夜通し運転したのと、午前1時半頃に就寝したのとでとても起きてられません。とりあえずカーテンを開ける事だけをして、再び寝付きました。
実際起きだしたのは午前7時過ぎです。

110723-2.jpg
朝食の時間はレストラン営業開始の時間と30分ずらして午前8時30分からでした。

110723-3.jpg
午前8時30分きっかりにグリルに入ってみると、意外にもう一組ご年配の夫婦とお孫さんと思しき男の子1人が食事をしていました。この写真の左側に座っていましたが、写らないように撮っています。
もう一組スウィートルームを取っているお客さんがいたのかと思いましたが、私たちのテーブルがセッティングされていません。
嫁さんが、厨房の奥のほうに向かって何度か大きな声で声を掛けたところ、グリル担当の乗務員の方がきょとんとした顔をして出てきました。

110722-26.jpg
先の記事で載せたこのバインダーを見せると急に顔色が変わりました。

続きを読む

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol1

110722-01.jpg
ここは養老SA。時刻は午後10時半。午後6時に何とか仕事を終えて敦賀に向かう途中の休憩地点です。
我が家では夏期休暇を利用して北海道旅行に行くのが恒例の行事となっています。
今回は来年平成24年初夏に引退するという新日本海フェリーすずらん・すいせんを利用して北海道旅行をしました。

110722-02.jpg
午前0時前くらいに敦賀ICを通過。浜松西ICからの高速料金は4000円弱くらいでした。よくよく考えてみたらもう少し長めに休憩をしておけば午前0時を越えて深夜割引適用になって更に安くなっていたようです。まぁいいや、1000円高速反対主義者だったから細かいことは言うまい。
ときに船ヲタの方ならこの写真がどこだかわかるはず。
目の前に近海郵船のRORO船がチラッと見えます。

110722-03.jpg

110722-5.jpg
敦賀のフェリーターミナルに到着です。

110722-6.jpg
ターミナル前でもう一回写真を撮っていますが、なにやら北海道のどこかで改造車?のイベントがあるらしく、やたらと車高の低い車がたくさん集まっていました。

続きを読む

平成23年7月の軽整備

110713-1.jpg
職場の駐車場に置いてあるときに撮った嫁さんの車です。
こちらから見ると左後輪の後ろ側をぶっつけているのが良く分かります。
プレスラインがよがんでいますね。

110713-5.jpg
後部座席にはブレーキパッドとローターを積んでいます。ローターも随分減っていたから安い社外品を買いました。社外品といっても日本製のちゃんとしたものです。ドイツ車の社外部品に日本製のものがあるのも面白いと思います。

110713-3.jpg
工場に行く前に浜松東警察署に出頭してきました!?

続きを読む

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR