FC2ブログ

平成22年2月オレンジフェリーの旅

平成22年2月オレンジフェリーで愛媛に遊びに行く旅行をしました。
どうしても愛媛県に行きたいのではなく、ただ純粋にオレンジフェリーに乗るためだけの旅行です。
まずおれんじ8昼便で大阪を出発、同日東予到着後下船、西条市内のホテルで2泊宿泊。
その後帰りは東予港からおれんじ7昼便で帰って来るというもの。
1日フリーの日を設けてはいるものの特にすることがなかったような記憶があります。

このときは関西汽船が別府から大阪に向けて昼便を運航するイベントがありましたが、先にこの日程を組んでいたためそちらには参加できませんでした。
というか、オレンジフェリーに乗るときは何よりも食事が楽しみだったりするからあまり残念な気持ちにならなかったかも。

ということでまず大阪より出航のときの昼食から。
うどんとサラダ
嫁さんはうどんとハムサラダを注文しました。

釜揚げシラス丼

杏仁豆腐とおでん
私はというと釜揚げシラス丼をまずひとつ、それから朝から事故なく運転してきた私自身にお疲れ様と言うこじ付けでおでんとビールを注文したりして。
この頃より子供用に何かあったほうがおとなしくしてくれるので杏仁豆腐も注文しました。

杏仁豆腐
といっても、こんなに気に入ってくれていそうだったのに殆ど手をつけず。結局私が頑張って食べました。

2月だと日が暮れるのが5時過ぎ頃です。展望デッキに出てみると瀬戸大橋が夕日に照らされて奇麗に見えました。
夕日
その中におれんじ7が見えるのが分かりますでしょうか?

そして夕食の時間。
唐揚定食
私は唐揚定食と嫁さんはおれんじ定食を頼んでいました。

おれんじ定食
この日のおれんじ定食は金目鯛の煮付けとすき焼き風煮物の小鉢となかなか豪華でした。

かなりお腹一杯になってからゆっくり部屋で休んで夜10時前に東予港下船。
その日から2泊ほど西条アーバンホテルに宿泊しました。

続きを読む

スポンサーサイト



嫁さんに自家製ピクルスを作ってもらいました。

初めてピクルスを食べたのは確か小学校の頃(昭和50年代後半です)、マクドナルドのチーズバーガーの中に入っているものを食べたのが最初だったと記憶しています。
昭和60年ごろまではマクドナルドも高級ハンバーガーショップのような雰囲気を醸し出しており、値段も現在と違ってそれなりに高かった覚えがあります。

そんな高級ハンバーガーショップのチーズバーガーの中に入っているピクルスがあんな味だから、当然今までピクルスそのものを食べたことも殆どありませんでした。
しかし、浜松に住み着いてから時々食べるハンバーガーショップ(詳細はここをクリック)のピクルスが地味に美味しかったりすると、美味しく作られたピクルスはやっぱり美味しいのかな?と嫁さんに作ってもらいました。

ピクルス1
いつもの情けない下手くそピンボケ写真と言うわけではなくて、冷蔵庫に冷やしてあるのを取り出して撮影したから曇っているのです。
漬け込んで1日目から食べることが出来るので、早速1日目からいただきました。

ピクルス2
最近はインターネットがあるからレシピも簡単に手に入ります。
カリーフラワーは新鮮なものを選ばないとピクルスにすると苦くなるそうです。
当たり前のことを言いますが、保存料を使って無いから2週間程度で食べきることになります。
その代わり保存料を使っていない分、余計なものも入っていないわけで、良い材料(酢なども含めて)を使えば大変美味しくいただくことができました。

春が来ていますね。

110320-4.jpg
日課にしている朝5時半からのジョギングから返ってきて、社宅の小さな植樹エリアを見てみるとタンポポが大きく育っていました。いつの間にここに生えて来たんだろう?

110320-3.jpg
子供と一緒に植えたチューリップもつぼみが大きくなっています。
4歳になると植物の成長を確かめて楽しむという感情も育ってくるようでちょくちょく子供もチェックしています。
草むしりは私の仕事です。それもしてくれれば助かるのだけど・・

110320-1.jpg

110320-2.jpg
社宅の駐車場エリアの僅かな土のあるスペースにニラが芽を出しています。うまそうだ・・
しっかり育てて食することとしよう。

110320-5.jpg
最初の写真のタンポポ、昼前にはこんなに大きな花を咲かせていました。
小学校の頃に日が昇ると共に花を開くことは習った覚えがありますが、長くストレスの多い仕事ばかりしているとそんなことも忘れていました。子供と一緒にそんなことを再確認するとちょっとした感動を感じました。

東北地方太平洋側で発生した地震の被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げますと共に、亡くなられた方に対して哀悼の意を表します。

世間が落ち着くまで一旦ブログの更新を止めさせていただきます。

平成23年3月 オレンジホープと阪九フェリーの旅 前編

この旅行記にまつわるどたばたについては関連記事を参照してください。 (ここをクリック)

3月4日金曜日は夜10時半までみっちり仕事をして荒稼ぎをしました・・・もとい、せっせと日銭を稼ぎました。
仕事が終わってすぐに社宅に戻り、前日のうちに用意していた荷物を車に積んで出発!
今回の旅行の最初の目的地は神戸六甲アイランドオレンジフェリーのフェリーターミナルです。

舟ヲタの皆さんだったら誰でも知っていると思いますが、愛媛県新居浜市と神戸を結ぶこの航路は新居浜出航が夕方6時過ぎですが、神戸着岸が午前2時半。神戸出航が午前4時と完全に貨物運送に重きを置いた航路です。
もちろん私たち一般旅客も乗せてもらえます。
私にとってオレンジフェリーに乗ろうと思うと最近は高速道路の自然渋滞も酷いから大阪発の夜便に乗るより、神戸午前4時発に乗るほうが渋滞も気にする必要も無く、安心できる存在になっています。

110305-1.jpg
神戸の六甲アイランドには午前2時40分頃に到着。300キロ弱の行程を4時間足らずで移動できました。

110305-2.jpg
私は仕事が終わるまで殆ど睡眠をとっていなかったから途中40分ほど嫁さんに運転を代わって貰いました。
嫁さんの車を移動に使うときはそんなメリットもあります。

続きを読む

阪九フェリーのマリンメイトクラブカード  vol.2

110218.jpg
この記事は前の記事からの続きです。前の記事の内容はここをクリック

受付嬢の方は私のカードのポイント数を聞いて「確かに結構たまっていますね。そういうことでしたら港に行って今あるポイントをギフトカードと交換しませんか?」
そうか、そういうこともあるのかといろいろ考えて見ましたが、そこでサメ並みの脳みそをフル回転させて更に良い案が浮かびました。(私なりにですけどね、焦っているとこんなことも思いつかないという・・・)

私「もしもカードの有効期限内に港に行って3月以降の船のチケットを買ったら、カードは継続になりますか?」
受付嬢「それでも大丈夫ですよ。」

そういうやり取りのあと、嫁さんと相談して急遽3月初旬に阪九フェリーの旅行プランを立てることになった次第です。
切符は私自身が浜松から直接港まで行く余裕は無かったので、取引先の業者の方に無理を行ってお願いしました。
たまたま六甲アイランドの付け根あたり(と言う表現が正しいのかは分かりませんが)に神戸支店を持っている業者があったので、こちらの方に私のカードを送って阪九フェリーの切符を買ってもらったのです。
仕事の取引相手の方とは特に仕事以外で物事をお願いしたことは無かったのですが、このときばかりは「こんなプライベートな頼み事で申し訳ない」と平身低頭でお願いしました。(彼にはちゃんとお土産を買っておかねばなりません)

お蔭様で写真のカード、有効期限の一日前2月18日に切符を買いまして、このように見事に失効を逃れ、しかも2000ポイントに到達しました。
これでフェリーに乗船したら死ぬほど豪遊できると思います(爆)。
                           旅行記の内容はこちらをクリック

遠州2輪4輪部品交換会 平成23年2月6日

少し古い話になりますが、遠州2輪4輪部品交換会に行って来ました。
当日は気持ちの良い晴天でしたから、ホンダビートをオープンにして走っていきました。
部品交換会といっても売り物は小さいものから大きいものまでいろいろありまして・・・

ジャンク
こういう明らかなジャンク部品から・・

衣類
衣類を投売りしている人も入るし・・・

プラグセット
新品部品を売っている人も居ます。このブースは新品のプラグやバイクのアクセサリー部品などを半額以下で出品していました。

カブ1
バイクの販売もありました。古いホンダカブです。私はあまりカブには興味が無いのでどの年代かまでは分かりません。

カブ2
多分昭和40年代のカブでしょうけど、少々奇麗でも10万を超えることはなさそうです。

カブ3
ただし、このカブ系統!?のバイクは25万の値段がつけられていました。希少な車なのでしょうか?



続きを読む

静岡(しぞーか)おでん

先日金谷町にある駄菓子屋に行きました。そこで売っているおでんをテイクアウトするためです。
静岡(特に東部)の駄菓子屋にはおでんも売っているお店が多いです。
最近流行っているB級グルメで一躍有名になった静岡(しぞーか)おでんです。

110219かんとん
店の写真は別の日に撮ったもの。つい最近多少の改装をしたようです。以前はちょうちんも黒々としていて歴史を感じさせて良い雰囲気でした。

おでん1
この駄菓子屋では火鉢の上におでん鍋を置いて年中売っています。
静岡おでんの最大の特徴は一つ一つのネタに必ず串が差してあることでしょうか?

おでん2
よく漬かっていて美味しそうでしょ?
卵の串は太い串で、その他のネタは普通の串です。
卵は50円、その他は45円で串の数をカウントして精算する仕組みです。
私が浜松に来た平成16年頃は卵50円、その他35円と更に格安でした。
原油高等のあおりで練り物の値段も上がってしまったそうです。
当時は35円から40円、すぐに45円まで値上がったから、店のおばちゃんは申し訳なさそうでしたが、そんなことは無いです。充分に安くて美味しいですから。

おでん3
私と嫁さんが食べる分にはこのようにダシ粉をかけます。子供はざらついた食感になるのが嫌いなようで、最初からこのように分けておきました。
ダシ粉をかけるのも静岡おでんの特徴です。ちなみにこの店のおでんの昆布、わざわざ北海道から取り寄せているそうで、実際食べてみると食感が軟らかでとてもうまいのです。
家族3人分、たくさん取ったのに値段は1200円強と格安で楽しめました。

阪九フェリーのマリンメイトクラブカード  vol.1

110218.jpg
2月に予定していた旅行は荒天のため中止にしました。
3連休を利用すれば無理なく往復とも阪九フェリーでゆったり旅行が出来ると思ったのですが、積雪が予想される中無理に出発して、万一事故でも起こしたらこれほど馬鹿らしいことは無い・・・

2月中に旅行に行きたかったのは少々理由がありまして、実は阪九フェリーのマリンメイトクラブカードの有効期限が2月19日で、期限が迫っていたわけです。
キャンセルしてしまったから、カード自体失効させてしまう・・・やむを得ないか・・と思っていたのですが、この時点で2000ポイント達成まであと300ポイント弱。
今度の旅行で2000ポイント達成できるから阪九フェリーのギフトカードを2万円分もらえるはずだったので、考えれば考えるほど惜しくなってきました。

何とかならないだろうか?とサメ並みの脳みそしか持たない私なりにいろいろ考えて見ました。
そこでひとつだけ「良い事を思いついた!」と阪九フェリーの予約センターに電話してみました。(いずれにせよキャンセルのために連絡をしなくてはならなかったのですが)
以下そのときの内容を再現します。

リンリン・・
私「すみません、荒天で九州行き自体が中止になったので2月11日と12日の予約をキャンセルさせてください。予約番号は・・」
受付嬢「分かりました。」
私「すみませんでした。キャンセル料は・・?」
受付嬢「インターネット予約だけでカード決済していないのでキャンセル料は発生しません。」
私「・・・いや、いくらかだけでも請求してもらったほうが・・現金書留で送りますから・・」
受付嬢「??キャンセル料は払わなくていいのですよ。」
私「いや、払った方が都合がいいんです・・・」
受付嬢「?????」

これ以上ごねると不審者扱いされそうだったから正直に理由を話しました。
まぁ、要するに今回フェリーに乗れないとカードを失効させてしまうけど、せっかくためていったポイントを無駄にしたく無いから何とかしてお金を払って継続したい、見たいなことを説明したと思います。

受付嬢の方は私のカードのポイント数を聞いて「確かに結構たまっていますね。そういうことでしたら・・・」
            このクレーマー男の行く末やいかに! 以下次の記事へ(こちらをクリック)

50円フォレスター!とスバル360(のエンジン)

50円フォレスター
平成21年12月の名門大洋フェリーの旅行のブログ(詳細はここをクリック)で登場した査定が殆ど付かなかったスバルフォレスターです。
意外に奇麗でしょ!?
レカロ
私のビートに装着しているレカロシートの片割れはこの人に差し上げました。
現在のオーナー(九州在住)が平成23年2月5日に新年会に茨城へ行くということで浜名湖SAで落ち合いました。
一体なぜ九州に住んでいる人が茨城まで新年会に行くのだろうとかそういうことはあまりこのブログとは関係ありませんが、とにかくここで私に渡したいものがあると・・・それは・・・・

K111エンジン
軽自動車のエンジンです。(僅か360ccのエンジンですが、ミッションと一体になっていたから重いのなんの・・大人3人で車に積みおろすのも腰が抜けそうでした。)
私がワンオーナー五速マニュアルのフォレスターを手配して九州まで届けること、レカロシートもタダで上げること等のお返しにこのエンジンの分解修理をお願いしておりました。(平成21年にフォレスターに積んで九州に向かったわけです)
いくら軽自動車のエンジンといえども分解修理は大変です。まだ私にはそこまでの技術はありませんから、お互い勤労奉仕の物々交換のつもりでもこちらが随分得しています。

K111.jpg
積み込む車はこれ。昭和42年式スバル360。
自分ひとりでおろすことは出来たから、今度は頑張って積んでみます(涙)。


この記事の続きはこちらをクリック
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR