FC2ブログ

Mercedez Benz W116 280SE 予備のヒューズを買いました。

そんなトラブルの後で予備のヒューズを買い足しておくことにしました。
私の車は古いヨーロッパ車などに採用されていたチューブタイプのヒューズが使われています。
ホームセンターに行っても売っていません。
そこでネットをチェックしましたが、結構な数まとめ買いをしなくてはならないので悩みました。
専用ケースに入って200本4500円とか言っても、少なくとも私が乗るようになってヒューズが飛んだの9年間で一回だけだしなぁ・・・。
しかし、ネットオークションをチェックしていると良い出品物が有るのに気がつき、それを落札しました。
ベンツ ヒューズセット
予備のバルブとヒューズセットです。中身はこれです。
ベンツ ヒューズセット中身
30年以上動き続ければライト球は寿命を迎えます。チョコチョコ交換してきました。
小さなライト球でもそれなりに値段はします。ヒューズと写真にあるような予備球で送料込み800円で手に入れることが出来ました。
スポンサーサイト



Mercedez Benz W116 280SEストップランプが点いてない!!

先日の日曜日に職場に用事が出来て向かっていました。
まずエンジンを掛け、駐車場から車を出して、ウィンカーを上げました。ん!?ウィンカーが点かないな。
ためしにハザードを出してみました。ハザードは普通に点灯します。
ということはウィンカーリレーの故障ではなさそう。
とりあえず近距離だから用心しながら職場へ向かいました。

大通りに出て走っていると、明らかに後ろの車が距離を開けています。あなた、さっきまで割りと近くに居ませんでした??
その時ひょっとしたらストップランプも点いていないかも・・という気持ちになってきました。
不安だけはいつも的中するたちで、職場について確認してみるとやはりストップランプが点きません。
よくよく調べるとウィンカーも出ないけど、燃料計も水温計も針がパタッと落ちています。
ヒューズが飛んだかな?と思ってヒューズボックスを開けてみましたが、パッと見ではどれも飛んでいません。
ベンツ ヒューズボックス
写真のボックスの上の方がヒューズ、下のほうが各種リレーです。
どうでも良いけどリレーの方は生産国がW,Germanyになっています。
ヒューズのアップです。
ベンツヒューズボックス 中身2
下の段の左から2番目がストップランプの回路に関わるヒューズです。飛んでいるようには見えないでしょ?
しかし、原因は意外なところにありました。

そのヒューズを外してみたらソケットの差込の金属の部分がポロッと取れてました。
どうやら長年のバイブレーションと湿気にさらされることによって腐食していたようです。
ということで予備のもの変えることによって普通に復活しました。
目視確認は大事だけど、実際外してみてみるというのも大事だと感じさせられました。

浜名湖スワップミートに行って来ました。

12月12日に浜名湖スワップミートに行って来ました。
旧車関係の部品交換会のことですね。大抵夜明け前から始まるのですが、子供のお守りなどがありましたため、9時過ぎに物見遊山代わりに行って来ました。

部品は二輪四輪を問わず色々あります。バイクそのものを売っている人も居ました。

cub.jpg
おなじみホンダカブ。多くの弱小メーカーを廃業に追いやった名品です。私は駆逐された側の二輪が好きだったりします。

kawasaki.jpg
カワサキのビジネスバイクもありました。安めの値段設定ですが、ビジネスバイクはそれほど人気はありません。

kawasaki mach
カワサキの名車の一台だと思います。マッハかな?
暴走族に好まれたバイクですね。正直なところ買おうと思えば買える値段だし、現行型のバイクと比較すれば高くは無いと思うのですが、先立つものが無いから買わない・・・というやつです。
でも、正直なところもう少し前の世代のバイクが好きだったりします。

asahi.jpg
アサヒ号ですね。1950年代の国産車です。
美しく仕上げられたアサヒ号を見たこともありますが、こんな風に骨董品然とした感じも好きです。
完璧に動力系だけ仕上げて国道1号線を爆走したら格好いいかな?

liner.jpg
ライナー号です。北川ライナーは浜松市内にあったバイクメーカーでした。
ちなみに私のささやかな自慢ですが、ライラック(同じく浜松市内にあったバイクメーカー)と北川ライナーのフレーム塗装の下請けをしていた社長と知り合いでした。(もう鬼籍に入りましたが・・・)

次は4輪とその他です。

続きを読む

浜松のハンバーガーショップ

12月初旬の週末に子供を連れてハンバーガーショップに行きました。
嫁さんはスポーツジムに行くのでテイクアウト必須です。
2人で行動するメリットを最大限に生かしてビートをオープンにして走りました。
Dflat2.jpg
オープンカーで昼間屋根を開けて走って気持ちがいいのはほんの少しの期間だけだと思います。
この日は11月上旬並みの暖かな日でした。ちょっとでも日差しが強いと暑いし、焼けるし・・・

Dflat1.jpg
写真は浜松市内にあるD-flatという店です。
ちょっと高価ではありますが、値段なりに食べ応えがあるものを出してくれます。

Dflat3.jpg
どんなに安くてもハンバーガーは500円以上です。

Dlat4.jpg
家に帰って早速包みを開けてみたのがこれ。
佐世保バーガー800円です。ベーコンが飛び出していて中身が良く分かりませんね。

Dflat5.jpg
がぶりと噛み付いた後の小汚い写真がこれです。
パンの間には上から順番に目玉焼き、自家製ベーコン、たまねぎのスライス2段、ハンバーグにレタス。
素材にはこだわっているようで、たまねぎも辛くなく歯ごたえがあり、ハンバーグも肉の食感が強く残っています。レタスのパリパリ感もなかなかのもの。

hamburger.jpg
子供にはチーズバーガー。一生懸命食べてくれました。

12月の江戸銀ランチ

12月に入ってからも江戸銀にランチを食べに行きました。
前回はこちらの記事を参照してください。
いつものように誰もいない店内に入ると奥から主人が出てきて、ちょっと困ったような顔をして「あるものだけで良い?」と聞いてきます。
気分は寿司のつもりだったので、別に構いませんよと伝えておきました。

江戸銀12-1
まずはおでんのようなおかず一品。

江戸銀12-2
それから寿司。本当に何も無かったのですね!!握りが2種類のみ、漬物のきゅうり一本アッセンブリーが泣かせる!!!
しかし実はこのブログには書かなかったけど、江戸銀は3回目でして、前回にきゅうりの漬物が好きだと伝えておきました。それを覚えてくれていたわけです。すばらしい心配り。主(あるじ)、やるな!!
江戸銀12-3
帰り際にお土産きゅうり(の漬物)を1本。
締めて500円のランチでした。

成金饅頭

義理の母親が遊びに来たときにお土産をいただきました。

成金饅頭1

成金饅頭2
成金饅頭です。

福岡県の旧産炭地区である筑豊地方は意外に食文化の栄えた地域です。
かつてとても景気が良かった時代があったのを反映して今でも意外に良い食材を求める人が多いところだと思います。

お菓子のメーカーも大小合わせてたくさんあります。
東京銘菓であるハトサブレ、この製造メーカーであるひよこ饅頭の会社はもともと筑豊地方に拠点を置いていました。ハトサブレも福岡では全く同じものがひよこサブレとして発売されています。

チロルチョコのメーカーの松尾製菓もそうですな。(ちょっと誇らしい)

直方市には成金饅頭なる名物菓子があります。
そのいわれがちょっと面白くて、なんでも石炭景気が華やかだった当時、とある人が小豆相場に手を出して値上がりを見込んでうずら豆を大量に買い付けたそうです。
しかし予想に反してその後暴落してしまい、そのまま売却すれば大損害をこうむるところだったが、肉体労働者が多い筑豊地区だから餡子にしてしまえば売りさばけるかもと大量にあった小豆を餡子にしたらぼろ儲けした・・それが成金饅頭の原形であるという逸話が残っています。
私の出身地ではありますが、確かに博打を打つのが好きな人が多いというのは肌で感じていまして、しかし現代ではあまり好ましくない逸話であるような気もしないではないです。

そういうことで成金饅頭は成金と言ってもそんないやらしい意味で捉えられているものではありませんで、今でも手堅い需要があるようです。

成金饅頭3
福岡県から離れた地域にいて、このお菓子を差し入れで持っていくと「あの白餡のドラ焼き、美味しかった。」と好評なんですが、餡子は一般のドラ焼きほどくどい甘さではなく、でもしっかり食べ応えはあるので大好きです。

摂取カロリーを気にする現代ではアピールポイントも少ないかもしれませんが、もっとメジャーになっても良いお菓子だと思います。

名鉄グループは浜松撤退!?

クラウンパレスホテル
写真は浜松駅北口にあるクラウンパレスホテルです。
今年(平成22年)4月に名鉄ホテルからクラウンパレスホテルに変わりました。

浜松市内には名鉄タクシーもありましたが、同じく4月に遠州鉄道グループに譲渡され(と言う言い方が正しいかどうか分かりませんが)、遠鉄交通という会社になりました。
既存の遠州鉄道のタクシー会社は遠鉄タクシーという名称です。

名鉄グループは浜松からは撤退するらしい・・と言う話はちらほらと聞いていましたが、本当のようです。

なんでも名鉄グループは名古屋本線を浜松まで延長する計画を持っていたらしいです。
確かに豊橋終点よりも浜松終点の方が有利なような気もします。
私の友人の現役の鉄ヲタ氏に聞いた話では浜名湖を渡る鉄橋を敷設するのに相当の金額が掛かることがネックになったとか。
鉄ヲタらしい意見だな・・と思ったのですが、先日利用したタクシーの運転手の方も同じことを言っていたからあながち嘘ではないのでしょう。

クラウンパレスホテルがあるところは元々高架化される前の遠州鉄道の浜松駅があったところ。
遠州鉄道が市中心部の高架化に伴い、現在の位置に移動したのは昭和50年代。決して大昔の話でもないので、最近までそういう計画を持ち続けたということでしょう。

なぜこの時期に?と言うことですが・・・純粋に景気が悪くてホテル業もタクシー業も儲かっていないということでしょうね。

でも一般ユーザーとしては名鉄が浜松まで来てくれていたら新幹線も名古屋まで行くのに安い料金が設定されていただろうし、残念なことです。

船ヲタトレーナー

フェリーに乗って旅行に行くことを趣味にしていると着る物も何となく船舶関連を選んでしまいます。
今回ここに載せたのはこんなトレーナー。

アイスバーグ1
ピンクや黄色のストライプの入っているところに80年代のテイストを感じてしまいますが、多分91年か92年のものです。
わざわざこれをここに出したのはそれなりの訳があります。

アイスバーグ2
このトレーナーの模様、殆どを刺繍で表現しているのです。

この数字の3を表す航海用信号旗も刺繍です。その上の旗は何なんでしょうね?緑に青の三角旗なんて無かったような・・・多少詰めの甘さを感じます。

アイスバーグ3
生産国はイタリアです。最初はクマがパチンコを打っているのかと思ったんですが、ヨットでロープを操作しているのを表現したものと思われます。このクマも刺繍。アルファベットも刺繍。

アイスバーグ4
圧巻はこの碇とロープ。色が微妙に異なる金色系の刺繍糸でデザインしてあるのですが、ちゃんと立体感もうまく表現しているのですね。

アイスバーグと言うイタリアのメーカーのものです。バブルのことはこのように非常に刺繍の凝ったセーター類を発表していましたが、結局あまりにもコストが掛かりすぎるのと生産数に限りが出ること、何よりも儲からなかったんでしょうね。今では普通のお兄さん系の服飾を売るメーカーになっちゃいました。

お値段は多分10万円以上したはずです。同じメーカーのセーター類が20万円近くした記憶がありますので。
私は金持ちなのでさくっと買いました・・・ではなくて、インターネットオークションに新品未使用品が出品されたので、落札しました。
 
バブルの香りがするからでしょう。私以外に誰も入札せず、100円で買うことが出来ました。

平成21年11月阪九フェリーで大分出張

私の仕事をする上で受講が必要な研修会が大分でありました。
家族サービスをかねて私の出張に家族を連れまわした次第です。
利用したのは往復とも阪九フェリー。 例によって食事の写真ばかりですけど、それを見て思い出しながら書いてみました。

この日利用したのは神戸からの便、やまと・つくしのいずれかです。
仕事の日程などを考えながらだと、割と旅行の出発日近くまで予約をしない性質だったんですが、このときばかりはそういうことをしていたら特等室は満室になっていました。
よって利用したのは一等和室。
特等から一等和室に変わっただけでものすごく狭く感じてしまいます。これが船で一度上の等級を使ってしまうとなかなか下に下げられない中毒症状のようなものだと思ってしまいます。

この日はあいにく修学旅行生2組と一緒になりましたが、学校の先生方のご努力により非常に静かでした。
当時2歳だった娘なんかは同乗した女子学生さんには随分かわいがっていただきました。

と言うことで、食事の写真。
阪九野菜鉄板
嫁さんがホルモンなどは多少苦手にしているので野菜鉄板です。往路は少しジュージュー加減がおとなしかったような気がしました。
阪九 牛筋煮込み
牛筋とその下は豆腐です。
阪九 豆腐
どれもこれもピンボケ写真ですみません。
子供が横でピーピーギャーギャー言っていると撮影に集中できないのです。
その他取り放題サラダと豚汁を取りました。
豚汁
阪九フェリーの場合、航路によってか?船によってか?同じメニューでも具材が違うと思います。
写真の豚汁は少々寂しい印象ですが、その他の船ではやたらと具沢山だったり、取り放題サラダもスパゲッティも乗せても良かったり。
この頃より阪九フェリーでは白ご飯は何杯でもお替りOKということで、お櫃をアラカルトコーナー以外にももうひとつ設置してありました。
しっかり食べてパイシューなども買ってお夜食にしました。
その後はさっさと就寝。新しい船だとエンジンの音もバイブレーションもとても少ないと感じさせられました。

そして朝6時前に起床。
昼ごはんはかなり食べるのは分かっていたのですが、売り上げに貢献すべくレストランへ。

朝カレーと朝粥セットをそれぞれ頼んで食べました。
朝カレー


続きを読む

平成22年11月27日東京出張

旅行記はフェリーがメインになると思っていたのですが、9月の旅行以降は木曽路に行ったり長野の温泉に行ったり、船とはご無沙汰になっています。
今回の旅行の記事も東京出張のお話でもっぱら食事の写真がメインとなります。

私の職場で取引のある会社の製品が発売20周年を迎えたということで大々的に記念講演会みたいなものがありました。
私の職場からも一人招待されるわけですが、私はちっとも偉くないのにたまたま他の誰も行けないということから大抜擢で東京出張となりました(嬉)。

グリーン券
ご招待と言うことですからなんとグリーン券!をいただきました。
自分で買ったことなど一度もありません。

新幹線
一応記念講演会があるため急がなくてはなりません。ひかりを選びました。

上りグリーン席
仕事で静岡市に行くときはいつもこだまを使っています。ホームに進入するこだまのグリーン席を見るといつもガラガラなのでそのつもりで乗り込んでみると、ひかりのグリーン車は結構お客さんが多いのですね。
写真を撮るのも少々視線を気にしながらになりました。

プリンスホテル
宿泊はプリンスホテルです。先にチェックインすることにしました。

メインタワー
おお、これが今回宿泊するホテルかぁと思いながら撮った写真ですが、違っていました。

イーストタワー
招待状にはアネックスタワーと書いてありましたからそちらの方向へ。この建物かぁと思いながら撮った写真ですが、これも違っていました(爆)。
私の立ち位置からは見えなかったようです。

ダブルルーム

風呂
プリンスホテルの内装の写真なんかいくらでもネット上にあるでしょうから特に書きません。

昼景色
外の景色です。田舎モノの私には緑が全く見えないのは結構辛く感じてしまいます。
そんなこんなで講演会へ。その内容は・・・割愛します。
以下に示すのがその後の立食形式の懇親会で食べた食事です。食事内容のプレゼンテーションが稚拙すぎるとは言わないように。

夕食1
合鴨に林檎ベースのソースをかけたものです。

続きを読む

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR