FC2ブログ

プラグ交換

いささか車検の後の後整備のようでかっこ悪いのですが、バタバタビートの車検を終わらせた後に点火プラグの交換をしました。

旧プラグ
プラグを外してみてみると3本とも一様に黒くすすけていました。(涙)

プラグはNGKのGreddy7?でしたっけ?イリジウムプラグですが、番数は7番で良いんですかね?すすけているけど。

新プラグ2
調べてみるとホンダビートのプラグの熱価は(NGKだと)6番。
素直に純正のものをつけることにしました。
新プラグ1

イリジウムプラグの方が価格が高いながら寿命が長いとか言うメリットもありますが、どうせ車検のたびにプラグはチェックするし、外したついでに交換したほうが精神衛生上良い感じがします。

しかして交換後、運転してみましたが、パワーは変わらないもののエンジンの吹けが良くなった気がしました。
まぁもともとのプラグがあんな感じでしたからね。
そりゃ印象も変わるはずでしょう。
スポンサーサイト



髭剃りの電池交換をしてみました。

かれこれ15年ほど使用している髭剃りの調子が悪くなってきました。
充電をした直後でも刃の動きが鈍いのです。電池が残量が殆ど無い時と大差が無い位までしか動きません。
そこで電池を交換しました。

髭剃り6
事前にメーカーのホームページで調べておいて電池を取り寄せていました。

髭剃り1
必要な工具はプラスドライバーのみです。

髭剃り3

髭剃り2
この髭剃りの場合、刃のある側と充電器と接続する側の両方がねじで固定されています。
これをドライバーで緩めます。

髭剃り4
刃のある側からやさしくこじってあげると簡単に分解できます。
ここまで出すことが出来たら後は簡単。電池を外して取り替えるだけです。

髭剃り5
とはいっても素人が触ることはあまり考えていないようで、やはりマイナスドライバーあたりでこじってあげる必要があります。

交換できたら後は逆の手順で組み立てるだけです。
電気屋さんに持っていったら3000円以上とられそうな作業が電池代だけの僅か500円程度で修理できました。
実は既に一度電池交換をしています。上手に使えば充電池も7年から8年は持つようです。

古いバッテリーはリサイクルできるのでちゃんとホームセンターなどにある回収箱に捨てましょう。(おおっ!地球に優しい!!)

今年で15年目ですが、普通に使えます。
刃もこれだけ古い機種になるとメーカー希望小売価格2500円くらい(外刃と内刃それぞれ)がネットオークションあたりを丹念に探すと500円程度で手に入れることが出来ます。

で、浮かせたお金はフェリーの旅行に使ったりして(爆)。

たまには外食をするのです。

酷いときにはフェリーのレストラン以外で外食をしたことが無いというような年もあったのですが、私の職場の近所にある多少うらびれた感じのすし屋が昼のランチを始めたようなので、食べてみることにしました。
江戸銀看板1
今記事を書いていて気付いたけど、「寿司 穴子」らしい・・

江戸銀看板2
新調された看板にはこんな感じで書いてありました。
そこそこの味と自分で言い切ってしまうのが気持ちいいです。
いづれにせよカウンターに座って握ってくれるメニューが650円とは安い!

そして店内に入ってみると・・・
私以外誰もいません。
店内のホワイトボードにはこんな感じでメニューが書かれていました。
江戸銀メニュー

・・・・ハラハラする展開でしたが、まず味噌汁はこんな感じ。
江戸銀味噌汁
揚げも豆腐も大きくぶつ切りにしてありました。味も意外に普通。この日は夜勤明けだったのでやや強い味付けが美味しく感じました。

江戸銀寿司
握りはこんな感じで意外にボリュームがあって美味しかったです。

江戸銀漬物
そしてこの漬物。ご主人は漬物がお好きなようで色々なものをつけているようです。
写真はありませんが、このほかに筆柿をそのまま漬け込んだものもご馳走してくれました。

会計は650円と思いきや、歩きなので600円でした。
看板を見てみるとそう書いてありますね。
結構満足でした。 また行こう。

動物園に行ってきました。

子供のお守りをするために浜松市動物園に行ってきました。
私が住んでいるところから車で約30分。
ドライブにもちょうど良い距離です。
温暖な東海地方では11月半ばだと暑くも無く寒くも無くちょうど良い時期となります。
せっかくだからビートをオープンにして走らせました。

動物園ビート1
写真は動物園に着いた時の写真。

オシドリ
ここにせっせと動物の写真を載せてもしょうがないと思うけど、一枚だけ。

動物園遊具
遊園地併設ではないのですが、3歳児だと滑り台あたりで遊んでくれました。

浜名湖
ちなみに浜松動物園。小高い丘と言うか山になっていて、浜名湖のすぐそばにあります。
舘山寺温泉のすぐそばにあります。
この温泉はいわゆる都市型と言うか大型のホテルがたくさんあって、別に浜名湖パルパルと言う遊園地もあって、昭和のテイストを感じさせる観光地の様ではありますが、ちょっと気分転換でドライブに行くにはちょうど良いところですよ。

動物園ビート2
週末遠出をしない日は嫁さんをスポーツクラブに行かせています。
家庭サービスのつもりですが、そのせいで自分にストレスをかけてはいけませんからね。半日間適当に楽しめました。

平成22年8月ホンダビート ユーザー車検

私のビート、漠然と車検は8月22日まであると思い込んでいました。
8月に入って暫くしてふと「そういえば今月車検だな」と思ってふと車検証を確認してみると、、、。
なんと8月9日で切れてしまいます!
恐らくルームミラーのところに張ってある車検シールが22年8月と書いてあるので勝手に22日まであると思い込んで閉まったようです(バカ)。

そこであわてて予約を取り全く整備せずに軽自動車協会に更新手続きに行ってきました。
結果・・・見事不合格(涙)。
タイロッドエンドブーツが左右とも破れているのを指摘されました。

実はこれ、以前から既に破れているのは気付いていて車検前に交換しようと思っていた箇所でありました。
不合格を突きつけられた後、むなしく軽自動車協会を後にし、ホンダディーラーへ。

タイロッドエンドブーツは2個で1575円でした。
これを仕事が終わるや否や職場の駐車場で交換!
改めて予約を取って軽自動車協会に行くと無事合格しました。
ビートタイロッド

写真の矢印の部分が交換した後のタイロッドエンドブーツ。ここのゴムの破れは車検場では必ずチェックされます。
私の場合は、恥ずかしいことにダメもとで臨んだ確信犯なわけで・・・

車検を受ける前に交換しなくてはならないと既にタイロッドエンドセパレーターなる特殊工具は買っていました。
ちなみにこの工具が無くてもタイロッドエンドが勘合している部分を勘合している方向の垂直方向にハンマーなどで衝撃を加えると案外あっさり外れるみたいな話はあります。しかし本来力のかからない方向に物理的な力を加えるのも抵抗があるし、私のような素人ではどの程度の衝撃を加えたらよいかも分かりません。
素直に特殊工具を買って、それを使えば時間もブーツの交換もさほどかかりませんでした。

車検にかかったお金は再審査の分を含めても大体3万円くらい。
特殊工具は1万円くらいだったけど、私が死ぬまでに何回か使えば元は取れると思っています。

平成15年春 W116 M Benz 280SE 足回り大改装の巻き

かように暫く乗っていると色々な問題が分かってくるわけで、まず基本的な問題を解決する必要がありました。
更に、これに伴って普段の足にするには問題ないけど、遠出するには多少の問題を感じるわが愛車の足回りの大改装をすることにしました。
当時お世話になっていた北九州市内の町の修理屋さんは「ショックを変えるだけでも随分印象が替わりますよ」
と言っていましたが、結構この車を気に入ってしまったので、もっと大々的に手を入れることをしました。
目標は消耗部品を換えられるだけ変える努力をしてみる。
ということ。
日本国内で販売される価格は非常に高価なのは分かっていたので海外から輸入することにしました。
このときはアメリカの部品商から購入しました。
なんでドイツからじゃないの?となるかもしれませんが、当時の日本仕様の車はアメリカ仕様のものを持ってきたことが多かったため、部品のストックはアメリカの方が多いということからこちらを選択しました。
もちろん、最初に発注した部品商がアメリカの業者だったということも理由ではあります。
フロント1
まず現在の私の車の足回りの写真を出しておきます。
換えた部品は以下の通り。カッコ内は車に疎い人用の注釈です。
ビルシュタインショック
ショックアブソーバー (その名の通り、ショックを吸収するもの25年も使えばへたるでしょう)

タイロッドアッセン
タイロードアームアッセンブリー(車の舵取りアームみたいなもの ハンドリングの機械的ながたをなくすために交換しようと考えました。)

コントロールアーム
コントロールアームアッセンブリー(前輪のアッパーアームみたいなものと思ってください 銀色のものがそれですが、ボディ側、タイヤ側のボールジョイント、ブッシュの交換工賃を考えたらアッセンブリーで購入してそれを交換するほうが安く付きました)

ロワーエンド
ロアーアームブッシュとボールジョイント(アーム自体は事故らない限り変形するものではないので本体はそのままでその関節部分のみの交換です。ブッシュの方は撮り忘れました。)

その他写真は撮っていないけどステアリングダンパー(舵取り装置にもショックアブソーバーみたいなものが付いているんです。現行のスポーツカーならまだしも40年前の設計のセダンなのに!)
エンジンマウント、ミッションマウント、アクセルシャフトジョイントラバーなどなど。
大まかに前輪のこれらの消耗部品と後輪のショック、サブフレームブッシュなども交換することにしました。

そこでアメリカのどこの部品商に頼むかと言うことを考えて見ました。
かつてお願いした業者は確かに遅滞なく部品を送ってくれたけど、全く見積もりも何も出してこないからかなり不安が残りました。
実はかつて細かい部品の部品番号を自分で調べて在庫の有無をメールで尋ねたことがあったのですが、
思いっきり無視されました。

新たな信頼できる部品商を探すことにしてみました。

平成14年当時のW116 280SEの状況

後ろ
平成14年の冬からベンツに乗り出しました。当時22年目のこの車は素人の私でも分かる多少の不具合はあるものの動かす分には悩まされるものではないので、とりあえずそのまま乗っていました。
不具合とは
①.パワーアンテナが動かない。
②.クルーズコントロールが効かない。
③.エンジンがたまに掛からない。(セルモーターが時々飛び出さなくなる)
などなどでした。①についてはアンテナを外してモーターを抜き、手動式にしてしまいました。
ラジオを入れるたびに後ろからウィィィーンとアンテナが伸びると言うギミックはあっても無くても良いと思ったからです。
②についてはとりあえず無くても困らないのでそのままにしました。
③はセルモーターを替えれば解決すると思っていましたが、立ち往生することも無かったのでそのままにしておりました。

愛媛の仕事が落ち着きだしてから時々ドライブに行くようになりました。高速道路に乗って気付く欠点もありました。
80キロくらいまでスピードを上げてみると、アクセルの踏み具合と言うか、エンジン回転するがシンクロしたときと言うか、そういうときにボディ全体がワナワナとバイブレーションを起こしていました。
高速道路上での安定性も問題ありました。明らかにふらふらするのです。
履いているタイヤは195/70/14インチ、現在の車の感覚から言うと全長5メートル横幅1メートル90近いフルサイズの車のタイヤサイズとしては相当に小さいです。しかし、オリジナルは185/80/14インチ。なんと扁平率80の更に細いタイヤです。
タイヤだけの問題ではなく、明らかに足回りがヘタっていることが問題でした。

それでも22年目になってもエアコンもよく効くし、でかい図体の割には取り回しがとても楽だし、夫婦で遠くに出かけるときはいつもこの車が活躍していました。
もちろん皆さんが期待するトラブルの話もあります。
上記②の症状が次第に酷くなりました。暮れに福岡に帰ったときは関西汽船小倉航路を利用しました。
このとき、船から車を下ろそうとイグニッションをオンにすると、スターターは勢い良く回るけど、エンジン側のクランクギアに噛んでくれないのです。
最終的には無事エンジンは掛かって動かすことができたのですが、万一立ち往生するようなことがあれば大変です。後ろの人も待っているし、これにはあせりました。

他にもありました。冬が差し迫った頃から「最近妙にヘッドライトが明るいな?」と感じるようになりました。
よくよく見るとダッシュボードの照明も明るくなっています。ワイパーの動きもやたらに機敏になっていました。
勘の鋭い方なら分かると思います。
オーバーチャージの症状でした。漠然とオーバーチャージかな?と思っていましたが、とりあえず用心してリア熱線を常にオンにしてなるべく放電させるなどの対応をしていました。
しかし、年末の夜高速道路に入ったとき、ヘッドライトが両方とも切れてしまって真っ暗闇になってしまったのには参りました。このときは北九州市内に里帰りしていたときだったので、なじみの工場にそのまま飛び込んで事なきを得ました。(スクラップのベンツからレギュレーターのみ移植して解決しました。)

③の症状は次第に悪化の一途、機械ものが自然治癒しようはずもありません。
立ち往生する前に対応することが迫られました。

MB W116 280SE エンジン諸元

別に不人気車のエンジンの話なんかどうでも良い人は読み飛ばしてください。
私の車のエンジンは1970年代のダイムラーベンツ社の製品としては唯一、同社の量産車として初のツインカムエンジンでした。
高級車のラインアップにはV型8気筒エンジンを、ボトムラインには4気筒エンジンを、もちろん6気筒のシングルカムエンジンもありましたが、多分8気筒エンジンとのパワー差がありすぎたのでしょう。

水冷直列6気筒 DOHC フロント縦置き 排気量2746ccで185psの最高出力を持っています。初期には2バレルダウンドラフトタイプのキャブ仕様もありましたが、私のはボッシュKジェトロと言う古典的なインジェクション仕様です。
このボッシュのインジェクションシステムも面白くて後々別項にて何かしら書いていくことになりますが、このエンジンそのものは日本人にとって決して縁遠いものではありませんでした。
トヨタが初めて量産発売したツインカムエンジンである5M-GEUエンジン、40歳以上の人が聞いたら懐かしく感じるかもしれませんが、初代ソアラの一番値段の高い車種に搭載されたあれです。これは設計の段階でダイムラー社の直列6気筒ツインカムエンジンを大いに参考にしたそうです。

そう言われてみたら日本の自動車に対する排気量にかかる税金は0,5lごとに変わってくるはずなのに5Mエンジンだけは何故か中途半端な2800ccでした。そう考えるとなるほどと思わされます。
M110エンジン
自動車のメカニックの方が見たらなんとも古典的に見えるエンジンルームでしょうねぇ。
ところでこのエンジン、W116シリーズの中では一番排気量の小さい最廉価バージョンと言うことになります。
じゃぁやっぱりV8エンジンのモデルが欲しかったの?と言う疑問をもたれる方もいるかもしれませんが、ちっともそんなことはありません。
私の車のエンジンルームはもともとV8エンジンを載せることを基本に考えていたからエンジンルームがスカスカです。よって素人の私でも整備めいたことがアレコレと出来ます。
グリーン税制重加算になりますが、自動車税は6万円強です。
V8エンジンを搭載したモデルだと、自動車税だけで毎年10万円前後です。
それ以上にV8エンジンを積んだW116のエンジンルームはそれこそ靴べらで滑り込ませたようにエンジンが搭載されていると表現されるほどキチキチになっています。マニュアルどおりに部品の脱着をしなければすぐそこにある部品も簡単に外せないということもままあるそうで、比較的小さい直6エンジンだから手に余らないのだろうと思っています。
それでも私の9年間に渡る所有歴の中でこのエンジンにまつわるトラブルに翻弄されることになります。その辺のことも後々書きますから楽しみにしていてください。

ベンツの安全思想vol4

ダッシュ
これが私の車のダッシュボードです。
いかにも古臭いデザインだと思いますが、ここにも一応安全に配慮した考えが盛り込まれています。
ダイムラーベンツ社ではこの車からダッシュボードにぶ厚いパッドを装備することにしました。
もちろんそれは衝突時に乗車している人を守るため。
変に出っ張りがあるとそれで怪我をさせるからと言うことですね。

そんなの普通じゃないかと思われる方もいると思いますが、この考えは当時としては非常に画期的でした。
ステップバン ダッシュ
同じ時期に設計されたとある日本車のダッシュボードがこれです。

デザイン優先でなされたもの(当然当時は営業マンがダッシュボードを机代わりに出来て便利がよいという評判もありました)ですが、この金属製の出っ張りが後にちょっとした問題になります。

「衝突時、乗客に深刻なダメージを与える。」と言うことが槍玉に上がってしまったようです。
深刻なダメージと言う言い方から察するに恐らく死者が出たということなんでしょうが、別に私がそのように蔑んでいるわけではなくて、旧車に興味を持ち出した若い頃に読んだ自動車雑誌に書かれていたことは漠然と記憶に残っています。

どちらの車も設計は1960年代後半から1970年代初頭にかけて。
当時の日本車は普通車でもフルブレーキングを何回かかけるとたちまち効きが悪くなっていたようだし(私の父談)、360cc時代の軽自動車は若者の無謀な急ハンドルで良く転倒したそうです。

圧倒的な差があったんですねぇ。

ベンツの安全思想vol3

高速道路を走ってみると結構風切り音がうるさいです。
それもそのはず、ボディの窓周りなどを見ると結構デコボコしています。
Cd値は0.4を超えています。
この車の次に発売されるW123(初代Eクラスですね)からある程度の空気力学的デザインが取り入れられるようになってきますが、この車でもある程度の空気力学的処理と言うか、そんなものが取り入れられていました。

デザインの部分部分にそのような処理を垣間見ることが出来ます。
Aピラー
例えばこれ、Aピラーの部分。
メッキモールに飾り付けられたこのギミックは雨の日にフロントウィンドウで拭き取られた雨水がサイドウィンドウに回りこまずに屋根側に逃がすための工夫だそうです。
サイドミラーの視認性を落とさないためらしいですが、その辺も安全思想とやらから出てきたデザイン処理だとか。

雨どい
ついでに後部座席側のガラス周り。
大げさに雨どいが切ってあります。これは屋根側から流れてきた雨水がリアウィンドウを濡らしてバックミラー越しの視認性を落とさないための配慮とか。
現在の車を見てみるとこの手の雨どいは普通にあると思うのですが、当時の車には無かったんでしょうか?

しかしまぁ、デコボコしているでしょ?
ワックスをかけるとき、結構あちこちに指先が当たって痛くなるんですよ(涙)。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR