FC2ブログ

ベンツの安全思想vol2

ベンツテール
1970年代以降の設計のベンツの車両はこの写真のようにテールランプはギザギザの段差が付けられていました。
これもこの会社なりの安全思想が盛り込まれていたようで、雪や泥などでランプが汚れてしまっても視認性が落とさないようにするためにあえて段差をつけたようです。
ついでにこのシリーズの先代の縦目のSクラスとはうって変わってテールランプが大型化されています。

そう言えば高校生の頃熱心にベンツのカタログを読み込んでいる友人がいましたが、そいつからカタログを借りてみたら確かに雪まみれになったベンツの車両の写真を見せて、ここまで雪をかぶってもストップランプが点灯しているのを確認できます見たいな説明文があった記憶があります。

そして現在、ギザギザの段差は次第にそのデコボコ加減が少なくなっていき、2010年発売されている最新型では殆ど無いのではないでしょうかね?
考え方が変わったのか、きっと色々な試行錯誤をしているのでしょう。

スポンサーサイト



ベンツの安全思想vol1

ダイムラーベンツ社がかつて公言していた「最善か無か」。最高の物が作れないならいっそのこと作らないほうがよいという考え方は20代の頃の私は何だか凄くすかしている感じがして嫌いでした。
今は嬉々として乗り回していますが。

そういうダイムラーベンツ社の考え方の一環として世界に先駆けて衝突安全対策を行っていたようです。
西ドイツ(当時)本国で自社の車の事故が起こったと聞きつけたら時として警察よりも早くに駆けつけて事故の検証をしたとか。(今そういうことをするのはまずいかもしれませんが)

社内衝突実験で車の中に本物の人間の死体を乗せて車をぶっつけてみて死体の損壊の程度を調べたりとかちょっと怖い話もあります。(今はさすがにしていないと思いますが)

実際に歩行者と車の衝突事故が起こったとき、歩行者を出来る限り傷つけないようにボンネットのベンツマークが倒れるなんてことも相当に早い時期からやっていたようです。
さらに人を轢いてしまうのと跳ね上げてしまうのでは後者の方が生存の可能性が高いのはもっともな話。
私の車の世代(基本設計は1960年代ですね)でも既にその辺の研究はされていて歩行者とぶつかるとき、下に轢いてしまうのではなく、跳ね上げるように考えてフロントマスクの成形を行ったらしいです。

ベンツマスク
そこで改めて私の車を良く見てみると・・・
本当に人を跳ね上げるように考えてあるのかさっぱり分かりません。
ていうか、こんな金属製のバンパーで歩行者にぶつかったら、ぶっつけられた人は真剣に痛いでしょうね。
ちょうど弁慶の泣き所の高さだし・・

やっぱり安全運転に取って代わるものは無いと思います。

わが愛車、名前はグラーフシュペーと言ふ

ベンツ斜め

この車には何となく愛称をつけています。グラーフシュペー、ドイツで先の大戦の初期に活躍したドイッチュランド級装甲艦の名前アドミラルグラーフシュペーから取っています。

ベルサイユ条約によるがんじがらめの規制の中、生み出されたこの艦の全長は186メートルと太平洋フェリーの3姉妹よりも小さいながら当事の戦艦並みの武装を持つため、ポケット戦艦とも呼ばれました。
主に大西洋、インド洋で活躍し、ドイツ海軍の通商破壊作戦において重要な役割を果たしました。
ナチスドイツといえば冷酷無比のような印象をもたれますが、この艦の艦長ラングスドルフは捕虜の取り扱いは常に紳士的であったとされているし、シュペーを自沈させた後自身は軍艦旗をまとい自決しています。海の男のニヒリズムを感じた次第です。
自宅に「戦艦シュペー号の最後」という古い映画のビデオがあったのでアップしようと思いましたが、どこにしまいこんだんだか分かりませんでした。
内容はというと実際の艦とは似ても似つかないアメリカの軍艦をシュペー号に見立てて内容が進行しているし、何のどんでん返しも無く淡々と事実に即して進行する、いかにも古い世代のミリタリー映画でした。
アドミラル・グラーフ・シュペー (装甲艦)
ラングスドルフ艦長

船ヲタ料理 肉じゃが

日本人で肉じゃがが嫌いなんていう人はそうそう居ないのではないかと思いますが、皆さんはどうですか?
自宅の食材でジャガイモが大量にだぶついたので、久しぶりに肉じゃがが夕食に出ました。
既に箸でつついた後ですが、我が家のはこんな感じです。
肉じゃが

船ヲタ、ミリ(タリー)ヲタの人ならご存知と思いますが、この料理は明治時代に大日本帝国海軍で生まれた料理です。
発案者は・・そう、東郷平八郎。
イギリスに留学している間に食べたビーフシチューがいたくお気に入り、日本に帰国してから料理人に作らせたもの。
もちろんワインもないし、デミグラスソースも無いから東郷平八郎のイメージであんな感じ、こんな感じみたいに言っているうちにこんな感じになったのでしょう。

と言うことで発祥の地はと言うと舞鶴か呉と言うことになっています。
共に鎮守府があったところで東郷平八郎が赴任したところだからそれを理由にしているそうですが、一時はどちらが元祖かでもめたようです。
もちろん共に確証がないため現在では双方共に肉じゃがの発祥の地としているようです。

しかしてこの辺はあまり語られていないようですが、確か九州に居た頃に仕入れた情報によると、よくよく調べてみたらどうも東郷平八郎はそれ以前に佐世保に赴任していた時期があるようで、その頃に肉じゃがが生まれたのではないかと言う説が有力になりました。
そこで、恐る恐る双方の観光協会が佐世保の観光協会に問い合わせたところ、「佐世保はハンバーガーの発祥の地ですが、肉じゃがについては分かりません」みたいな回答があったとか。
まるで大岡裁きのような逸話であります。

ニラを採取しました。

10月2日は子供の運動会がありました。
そんな写真を貼っても誰も喜ばないと思うので、違う観点から。
私の住んでいる所から程近い公園を借りて、そこで運動会をするのですが、よくよく見てみるとこんなんが生えていました。
ニラ1
 
ニラです。
独特な花が目印になって分かりやすいです。
葉をちぎって匂いをかいで見ましたが、アニリンの独特な香りがします。
結構な数生えていたので3日の日曜日に取って来ました。
その日の夕食の足しになりました。
ニラ2

この写真はピントが地面に合ってしまっているのですが、葉っぱ自体はスイセンのそれと非常に似ています。
スイセンは有毒ですから、間違って食べてしまうようなことがあると大変なことになります。
愛媛に住んでいた頃庭に生えていたチョウセンアサガオの実をシシトウと勘違いして食べた人が中毒症状を起こして近所の病院に入院した騒ぎがありました。人工呼吸器まで装着されたそうです。
そんなことをいったら食用でないナス科の植物は大抵が有毒です。結構多いんだ・・。

スズランだって・・あんなに可憐な花を咲かせるのですが、有毒というか猛毒です。
そんなことを考えていたら新日本海フェリーの敦賀-苫小牧直行便はどちらも有毒な植物の名前なんだとか思ってしまいました。
リプレースのニュースもあるようですからしっかり乗っておきたいですね。

平成22年9月の高知出張 オレンジフェリーとジャンボフェリー

別に3連休の旅行(詳細はこちらをクリック)で片道しかフェリーに乗れなかったからと言うわけでは無いのですが、9月中にまたオレンジフェリーに乗ってきました。
といっても今回は高知に出張があったから、私ひとりの単独行動。

金曜日の深夜出発と言うことにしましたが、この日は結構忙しかったです。
昼まで浜松の職場で仕事、昼過ぎてから静岡市で仕事。これは事務仕事でよかったのですが、その後すぐに浜松に戻って夜10時半頃までまた仕事と立て込んでいました。

家族旅行で無いのでたちまち緊縮政策で節約旅行とすることにしました。
で、考えたのが軽自動車で神戸まで移動すること。しかしたまたまと言うかこの出張に使えるようにエアコンの修理(詳細はこちらをクリック)に出していたのですが、ぎりぎり間に合わず、巨大な車でオレンジフェリー六甲ターミナルまで向かうことになりました。

週末ながら深夜の移動。高速道路は全く渋滞しておらず、大型トラックがなれた感じでお互いの車間距離をとって走っている中、私もそれに混ざって神戸まで行ったという感じです。
はっきり言うとやはり長距離ドライバーさんのほうが車間距離をしっかりとっているし、やたらと距離を詰めるのは私たち一般車両の車ばかり。
不要なブレーキが渋滞の原因になるのです。

神戸港ベンツ

おれんじホープ
夜11時に浜松を出て、無事神戸に深夜2時半に到着。300キロ弱の行程を3時間半程度で走りぬくことが出来ました。おかげでおれんじホープの入港シーンを見ることも出来ました。
4メートル未満で予約していましたが5メートル未満に訂正して発券していただきました。
この神戸航路、2等寝台しか無いのですが差額は2等自由席からの1500円が必要なんですね。(大阪航路は2等指定席からの差額の1000円です。知りませんでした。)

ホープ船内ベンツ
この会社は一般ユーザーにも優しくしてくれて、午前4時出航のところ午前3時前には乗船させてくれました。

ホープ船内

ホープ寝台
やれやれ、今日はと言うか昨日は一日中良く働いた。清潔なお風呂で汗を流しました。私以外にも4人程度が一緒に風呂を利用していました。
そしてレストランを見てみると、、、。

ホープレストランメニュー1

ホープレストランメニュー2
オープンの準備がしてありました。
昨日はお昼以降は賞味期限切れの饅頭2個とお茶くらいしか食べていません。腹が減って目が回りそうでした。
別に食事をする暇も無いほど忙しかったのではなく、明け方3時半過ぎにこのレストランで食事をしたかったからなんです(爆)。

炙りチャーシュー丼
で、私が頼んだ食事はこれ。炙りチャーシュー丼と酢の物。
金目鯛の煮つけやサバの焼き物も美味しそうだったんですが、このメニューは7と8には無かったような気がしたのでオーダーしました。
体が低血糖状態だったんでしょうか?栄養がしみこんでいるのが判る気がしました。
そして4時頃には就寝。
うっかり寝過ごすことの無い様に目覚ましをセットしておきました。

目覚ましの音と共に7時半起床(爆)。
3時間しか寝ていないけど、普段がそこそこ体力も要する仕事をしているのでこの辺は頑張ることが出来ます。というか家族連れで無ければ途端にヲタ行動をしています。
とりあえず船外へ。

ホープファンネル

ホープとも

瀬戸大橋1

瀬戸大橋2

瀬戸大橋3
ちょうど瀬戸大橋をくぐる前でした。
1週間前の旅行とは逆の方向で瀬戸大橋をくぐった後、テレビを見たりしてゆっくりと過ごしました。
ホープ2等自由席
ちなみに一般には発売していない2等席、前は写真の左にあるような目隠しは無かったような気がします。

ホープ朝食
そして待ちわびた朝食。実はこの日は少々準備が遅れました。(多少寝坊していたのかもしれない)
メニューはご覧のようにネット上で手に入るホープの朝食の中ではグレードが高いような気がします。
厨房の方がオーダーをした私を含めた5人一人ずつに謝っていました。
私も「そんなことよりこれ美味しいっす!!」と答えました(バカ)。

続きを読む

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR