コルム 古いクオーツ時計の分解修理 

121129-1.jpg
恐らくコルムの80年代初頭あたりのクオーツ時計です。
「動かなくなったし、修理代が高いから新しい時計を買う。いらないからあげる。」と、前オーナーからいただきました。

121129-2.jpg
この時計は尾錠も当時の純正のまま残っています。
ロウ付けでシャープな印象の尾錠です。昔の方がとにかく作りは良かったと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

セイコー Cal.16A ジェラルド・ジェンタ デザインの時計の修理

セイコースピリット
ある日ヤフオクで安い時計の出品をチェックしていると上のような写真(ヤフオクの写真をそのまま拝借しました)で出品されている商品を発見しました。
「セイコースピリット」という名前で出品されていましたが、セイコースピリットはそれほど高くない価格の商品です。しかもこの写真でスピリットは1品しかありません。
その他は機械だけセイコーで時計の組み立ては中国のものだったり、スピリットより安い商品だったり・・・
しかし、その中で1品だけ気になる商品を発見しました。


続きを読む

SEIKO SEIKOMATIC-R Cal.8305の修理

150113-16.jpg
セイコーマチックR Cal.8305です。
先の修理記事に有ったCal.8306(詳細はこちらをクリック)とほとんど一緒だから記事にするつもりはありませんでした。

150113-17.jpg
一応これは修理が終わった後の状態です。
綺麗ですねww 多少古ぼけた時計でも中がきれいだと嬉しくなるwww

続きを読む

SEIKO CREDOR ジェラルド・ジェンタモデルCal.9661の修理

141027-1.jpg
今回修理する時計は少々曰くのある時計です。

141027-2.jpg
セイコークレドール、1980年代頃の製品です。
デザインを見てオーディマピケのロイヤルオークに良く似てるなと思った人はかなりお目がお高い。


続きを読む

テンワの外し方

160919-23.jpg
写真はセイコーCal.62系のものです。

機械式時計の精度はテンプの状態によるところが大きいのはマニアであれば誰でもわかること。
私が分解修理をする時は、必ず外すようにしています。

少し前にテンワを外すのはどうしているのかと言う質問をしてくれた方がいました。
そう言われると、テンプ受けからテンプを外す様子を書いたものはネット上で見たことは無いな・・と思って今回のブログ記事を作ってみました。




続きを読む

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR